ファッションの二十世紀 横田一敏著

ファッションの二十世紀 横田一敏著

ルイ・ヴィトンがパリで創業したのは1854年。ナポレオン三世の皇妃ユージェニー御用達として知られ、ヴィトンの旅行トランクは世界の王室のシンボルとなった。19世紀には王侯貴族、一部の金持ちのものだったファッションは、やがて20世紀に入り女性の社会進出とともに大衆化していく。カルティエ、シャネル、サンローランと高級ブランドが次々に誕生する一方で、豊かさの象徴だったオートクチュールはついえ、スポーツウエアがコレクションに登場するようになった。

著者は『流行通信』の元編集長。その時々の生活、文化・芸術などの影響を受けながら変化してきたファッションの歴史を振り返り、21世紀のファッションの行方をさぐる。

集英社新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。