ファッションの二十世紀 横田一敏著

ファッションの二十世紀 横田一敏著

ルイ・ヴィトンがパリで創業したのは1854年。ナポレオン三世の皇妃ユージェニー御用達として知られ、ヴィトンの旅行トランクは世界の王室のシンボルとなった。19世紀には王侯貴族、一部の金持ちのものだったファッションは、やがて20世紀に入り女性の社会進出とともに大衆化していく。カルティエ、シャネル、サンローランと高級ブランドが次々に誕生する一方で、豊かさの象徴だったオートクチュールはついえ、スポーツウエアがコレクションに登場するようになった。

著者は『流行通信』の元編集長。その時々の生活、文化・芸術などの影響を受けながら変化してきたファッションの歴史を振り返り、21世紀のファッションの行方をさぐる。

集英社新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT