グーグルは、社員を「恍惚状態」にさせている

最高の状態で仕事するにはクレイジーになれ

そして、うっとりするような一体感と、永遠に続くほどの時間の感覚を、その場にいる全員と共有できる。グーグルでは、この「一体感」を利用して、エンジニアが密接に連携することで、パフォーマンスを上げようとして、従業員にバーニングマンへの参加を推奨していたのである。

かつて、ゾーンに入るテクニックとしていちばんシンプルなのは「瞑想」だった。しかし、歴史を振り返ってみると、瞑想を手段にして、自己が消える状態を安定的に作り出したいと思う場合、何十年も修行を積む必要があった。

数百万ドル規模の「マインドフルネス・センター」

しかし現代の研究者たちは、目標の核心が「悟りの境地」ではなく、実は「脳機能の変化」――脳波が低アルファ波や、さらにリラックスした高シータ波の状態になる――と関連していることを突き止めた。これによって、新しいさまざまなトレーニングを選択し、人工的にゾーン状態の脳をつくり出せるようになったのだ。

瞑想時に呼吸に集中する代わりに、ニューロフィードバック装置(脳波を測定する機器)を使って、科学的に、あっという間に、脳をアルファ/シータ波の領域へ導くこともできるようになった。こうした進歩のおかげで、グーグルのような組織は、パフォーマンスを上げるために、以前とはまったく異なるアプローチができるようになったのである。

では、グーグルは実際にどのように、従業員を瞑想状態へ導こうとしているのだろうか。グーグル本社を訪れた私たちは、自己紹介を終えるとすぐに、おなじみのカラフルな「グーグル自転車」に乗って、真新しい数百万ドル規模のマインドフルネス・センターに足を踏み入れた。

柔らかなライムグリーンの色調で、竹でアクセントがつけられたこのセンターで目を引くのは、搾りたてのジュースを24時間提供するジューススタンドと、海軍の擁する「マインド・ジム(脳をゾーン状態に導くための研究施設)」で見たのと同様のセンサー一式、およびニューロフィードバック装置を備えたいくつもの瞑想室である。

次ページすばやくゾーンに入り、そこに長くとどまるには
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。