20歳の大坂なおみ、逆境を跳ね返し快挙達成

セリーナの挑発的な行為にも動じなかった

 9月8日、女子テニスの大坂なおみ(左)は、全米オープンのシングルス決勝で元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(右)を撃破。観客が地元セリーナを応援する中、逆境を跳ね返し、四大大会初優勝の快挙を成し遂げた(2018年 ロイター/Robert Deutsch-USA TODAY Sports)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは8日、ニューヨークで女子シングルス決勝を行い、第20シードの大坂なおみ(20)は元世界ランク1位で第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(36、米国)を6─2、6─4で下し、同大会での日本勢初優勝を果たした。

四大大会のシングルスで日本人選手が優勝したのも初めて。大坂は四大大会通算23回の優勝を誇るセリーナ相手に主導権を奪い、相手の挑発的な行為にも動じず、日本テニス史上初の快挙を達成した。

観客が地元セリーナを応援する逆境の中での快挙だった。

大坂が第1セットを先取して迎えた第2セットの第2ゲーム、客席からコーチが指示を出していたとして、セリーナが主審から警告を受けた。

これに怒りをあらわにしたセリーナはその後、ラケットをコートにたたきつけ、2回目の警告を受けると、主審に猛抗議。「うそつき」などとののしった。

セリーナのゲームペナルティーで5─3とリードした大坂は、落ち着いたプレーを続けてストレート勝ちを収めた。

試合後も主審に対するブーイングが続いたが、大坂は「誰もが彼女を応援していたことは分かっていた。このような形で終わったことを申し訳なく思っている」とし、「試合を見てくれてありがとう」とコメント。

「全米オープンの決勝でセリーナと対戦するのが夢だった。プレーできて光栄だった」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT