20歳の大坂なおみ、逆境を跳ね返し快挙達成

セリーナの挑発的な行為にも動じなかった

 9月8日、女子テニスの大坂なおみ(左)は、全米オープンのシングルス決勝で元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(右)を撃破。観客が地元セリーナを応援する中、逆境を跳ね返し、四大大会初優勝の快挙を成し遂げた(2018年 ロイター/Robert Deutsch-USA TODAY Sports)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは8日、ニューヨークで女子シングルス決勝を行い、第20シードの大坂なおみ(20)は元世界ランク1位で第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(36、米国)を6─2、6─4で下し、同大会での日本勢初優勝を果たした。

四大大会のシングルスで日本人選手が優勝したのも初めて。大坂は四大大会通算23回の優勝を誇るセリーナ相手に主導権を奪い、相手の挑発的な行為にも動じず、日本テニス史上初の快挙を達成した。

観客が地元セリーナを応援する逆境の中での快挙だった。

大坂が第1セットを先取して迎えた第2セットの第2ゲーム、客席からコーチが指示を出していたとして、セリーナが主審から警告を受けた。

これに怒りをあらわにしたセリーナはその後、ラケットをコートにたたきつけ、2回目の警告を受けると、主審に猛抗議。「うそつき」などとののしった。

セリーナのゲームペナルティーで5─3とリードした大坂は、落ち着いたプレーを続けてストレート勝ちを収めた。

試合後も主審に対するブーイングが続いたが、大坂は「誰もが彼女を応援していたことは分かっていた。このような形で終わったことを申し訳なく思っている」とし、「試合を見てくれてありがとう」とコメント。

「全米オープンの決勝でセリーナと対戦するのが夢だった。プレーできて光栄だった」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。