大坂なおみ、爆発的なパワーでツアー初優勝

BNPパリバ・オープンで快挙

 3月18日、テニスのBNPパリバ・オープン女子シングルス決勝で世界ランク44位の大坂なおみ(写真)がダリア・カサキナをストレートで下して、ツアー初優勝を飾った(2018年 ロイター/Jayne Kamin-Oncea-USA TODAY Sports)

[18日 ロイター] - テニスのBNPパリバ・オープンは18日、米カリフォルニア州インディアンウェルズで試合を行い、女子シングルス決勝では、世界ランク44位の大坂なおみが同19位のダリア・カサキナ(ロシア)を6─3、6─2のストレートで下し、ツアー初優勝を飾った。

大坂は今大会、元世界ランク1位のマリア・シャラポワ(ロシア)、第5シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)、準決勝では現世界1位ランクトップで第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)をそれぞれストレートで破り、順調に勝ち進んできた。

決勝は20歳同士の対決に

20歳同士の対決となった決勝は、カサキナの10本に対して大坂は23本のウィナーを打ち込んだほか、ファーストサーブでは79パーセントのポイント獲得率を記録し、爆発的なパワーを見せた。試合時間はわずか1時間10分だった。

大坂は「たくさん努力すれば良いプレーができる。シーズンが始まった時、すべての試合ですごく良いプレーをしたいと思った。ひとつひとつの試合に集中して臨みたい」と述べた。

この結果、19日に女子テニス協会(WTA)が発表する世界ランキングで、大坂はキャリア最高の22位となる見通し。同選手は「今の順位はあまり気にしていない。今回のような良いプレーをしていけば、シーズン終わりにはかなり高い順位になると思う」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT