セリーナ、20歳の新女王・大坂なおみを賞賛

「いつも素晴らしいサーブを打ってきた」

 9月8日、テニスの全米オープン、女子シングルス決勝で大坂なおみ(右)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(左)は、大きなプレッシャーに打ち勝った大坂を称賛した(2018年 ロイター/Danielle Parhizkaran-USA TODAY SPORTS)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - テニスの全米オープン、女子シングルス決勝で大坂なおみに敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)は、大きなプレッシャーに打ち勝った大坂を称賛した。

四大大会の決勝でセリーナと対戦することが夢だったという大坂は、その大舞台で強い精神力を発揮。憧れの選手を下し、日本テニス史上初のグランドスラムチャンピオンに輝いた。

試合ではセリーナがラケットをコートにたたきつけるなど、怒りをあらわにする場面があったが、大坂は報道陣に対し「周りの音は耳に届かなかった。セリーナは偉大なチャンピオン。どんな状況でも挽回できるので、集中しなければならなかった」とコメント。

さらに「私はコート上に立ったら、気持ちが切り替わる。そのときはセリーナのファンではなくなり、ひとりのテニス選手にすぎない。でも(試合後に)彼女とハグした瞬間、子どものような気持ちに戻った」と話した。

四大大会の女子シングルス最多タイ記録、24回目の優勝を逃したセリーナは大坂について「彼女はとても集中していた。私がブレークポイントを獲得したとき、いつも素晴らしいサーブを打ってきた」と発言。「彼女から多くを学べる」と20歳の新女王をたたえた。

*カテゴリーを追加して再送します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT