セリーナ、20歳の新女王・大坂なおみを賞賛

「いつも素晴らしいサーブを打ってきた」

 9月8日、テニスの全米オープン、女子シングルス決勝で大坂なおみ(右)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(左)は、大きなプレッシャーに打ち勝った大坂を称賛した(2018年 ロイター/Danielle Parhizkaran-USA TODAY SPORTS)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - テニスの全米オープン、女子シングルス決勝で大坂なおみに敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)は、大きなプレッシャーに打ち勝った大坂を称賛した。

四大大会の決勝でセリーナと対戦することが夢だったという大坂は、その大舞台で強い精神力を発揮。憧れの選手を下し、日本テニス史上初のグランドスラムチャンピオンに輝いた。

試合ではセリーナがラケットをコートにたたきつけるなど、怒りをあらわにする場面があったが、大坂は報道陣に対し「周りの音は耳に届かなかった。セリーナは偉大なチャンピオン。どんな状況でも挽回できるので、集中しなければならなかった」とコメント。

さらに「私はコート上に立ったら、気持ちが切り替わる。そのときはセリーナのファンではなくなり、ひとりのテニス選手にすぎない。でも(試合後に)彼女とハグした瞬間、子どものような気持ちに戻った」と話した。

四大大会の女子シングルス最多タイ記録、24回目の優勝を逃したセリーナは大坂について「彼女はとても集中していた。私がブレークポイントを獲得したとき、いつも素晴らしいサーブを打ってきた」と発言。「彼女から多くを学べる」と20歳の新女王をたたえた。

*カテゴリーを追加して再送します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。