キューバで流行る「コンドームワイン」の衝撃

ヘアゴムや釣り用具の代替品にもコンドーム

 9月5日、基本的な生活用品が不足するキューバで、安価にもかかわらず魚釣り、ワインの発酵、タイヤのパンク修理、ヘアゴムなど多目的に使用できると重宝がられているものがある。ラテックス製コンドームだ。写真は、ブドウの果汁の入った瓶にコンドームでふたをし、ワインを作っているところ。5月16日、ハバナの美容院で撮影(2018年 ロイター/ALEXANDRE MENEGHINI)

[ハバナ 5日 ロイター] - 基本的な生活用品が不足するキューバで、安価にもかかわらず魚釣り、ワインの発酵、タイヤのパンク修理、ヘアゴムなど多目的に使用できると重宝がられているものがある。ラテックス製コンドームだ。

米国による経済制裁を数十年間受けてきたキューバでは、旧ソ連方式の中央集権的経済が機能不全に陥っており、店舗には品物が並んでいないことも珍しくない。

だが、国内製やアジアから輸入されたコンドームは、比較的豊富に出回っている。キューバでは性の健康に対する関心が高いことが一因。政府からの補助金も価格抑制に一役買っており、コンドーム1箱(3個入り)がわずか1ペソ(約4.5円)だ。

耐久性と伸縮性に優れるラテックス製コンドームは、性感染症を防ぐ避妊具としてだけでなく、他の用途でも活用されている。たとえば、首都ハバナの美容院では、顧客の髪をたばねるヘアバンドとしてコンドームを利用。子供らの誕生日パーティーでは膨らませて風船にしたり、海岸では釣りの際に浮き代わりにもできる。

コンドームでワインを醸造

ハバナでは、ブドウの果汁の入った瓶にコンドームでふたをし、発酵させてワインを作っている即席醸造所もある。発酵に伴ってガスが発生するため、コンドームは膨らみ、破裂した時にワインが完成しているという寸法だ。

こうして作ったワインを自宅のガレージで売っているオレステス・エステベスさんは、この方法により「アルコール度数が高まるし、醸造過程も改善される」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。