日本橋に登場「音楽が凄いホステル」の舞台裏

「東京に音楽を根付かせたい」経営者の男気

大学生だった当時、「世界」という単語から想起されるのは戦争や貧困といった社会問題だった。人種間や宗教間には深い隔たりがあるイメージ。テレビのニュースを通して見る世界とは、そういう印象を伴うものだった。

地下にあるバーラウンジでは、ビールやワイン、ウイスキーなど、さまざまな酒と料理が楽しめる(写真:Backpackers' Japan)

しかし、このとき目の前に広がっていた景色はまったく違った。異なる人種、世代、思想。そんな多様な人たちが一堂に集い、自由に楽しんでいる空間。その景色になぜか涙が止まらず、「これだ」とわけのわからない決心をしたのを覚えている。

今から12年前。まだ教師を目指していた20歳の自分にとって、世界の見方を根底から変えてしまうほどの鮮烈な体験だった。

ないなら、作ろう

大学に戻ってもケアンズの景色が忘れられなかった。日本のクラブやライブハウスに行ってみるものの、同じような感動は得られない。DJがつくる一体感を生むグルーブも、アーティストがあおり皆で拳を突き上げるライブの盛り上がりも、私が求めている音楽とは違った。

音楽を聴いている最中に考え事をしたいし、仲間とわいわい飲むのもいい。なんなら偶然居合わせた隣の女の子に話しかけても、アーティストに失礼にならないくらいのものがいい。もっと自由で、気軽なもの。何が違うのかと考え続け、1つの結論に行き当たる。

バーラウンジでは、宿泊している世界中のゲストや近隣の人々が行き交う(写真:Backpackers' Japan)

ケアンズで見た景色。あれはつまり、最高に質の高いBGMが鳴る空間なんだ、と。

ないなら、作ろう。教師になることをやめ、2010年、株式会社Backpackers’ Japanを創業した。あの景色の再現を胸に、「あらゆる境界線を越えて、人々が集える場所を」という理念を掲げた。世界のゲストが宿泊できる宿と、泊まっていない人も含めて広く利用できるバーラウンジを合わせて展開していくことに決めた。

次ページホテルの地下にミュージックラウンジ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT