ネスレ、スタバ商品の販売ライセンスを獲得

71.5億ドルで永久ライセンス、社員500人異動

 8月28日、スイスの食品大手ネスレと米コーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)は、スタバのコーヒーなどを世界中で販売する永久ライセンスをネスレに付与した。写真はオルブで5月撮影(2018年 ロイター/DENIS BALIBOUSE)

[チューリヒ 28日 ロイター] - スイスの食品大手ネスレ<NESN.S>と米コーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)<SBUX.O>は28日、スタバのコーヒーなどを世界中で販売する永久ライセンスをネスレに付与した。契約金額は71億5000万ドル。

ネスレは、スタバのコーヒーである「スターバックス」や「シアトルズベストコーヒー」、お茶の「ティバーナ」といった商品をスタバ店舗以外で販売することが可能となる。

これに伴い、スタバ社員500人程度がネスレへ移籍する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT