ネスレ、スタバ商品の販売ライセンスを獲得

71.5億ドルで永久ライセンス、社員500人異動

 8月28日、スイスの食品大手ネスレと米コーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)は、スタバのコーヒーなどを世界中で販売する永久ライセンスをネスレに付与した。写真はオルブで5月撮影(2018年 ロイター/DENIS BALIBOUSE)

[チューリヒ 28日 ロイター] - スイスの食品大手ネスレ<NESN.S>と米コーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)<SBUX.O>は28日、スタバのコーヒーなどを世界中で販売する永久ライセンスをネスレに付与した。契約金額は71億5000万ドル。

ネスレは、スタバのコーヒーである「スターバックス」や「シアトルズベストコーヒー」、お茶の「ティバーナ」といった商品をスタバ店舗以外で販売することが可能となる。

これに伴い、スタバ社員500人程度がネスレへ移籍する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT