ネスレ、スタバ商品の販売ライセンスを獲得

71.5億ドルで永久ライセンス、社員500人異動

 8月28日、スイスの食品大手ネスレと米コーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)は、スタバのコーヒーなどを世界中で販売する永久ライセンスをネスレに付与した。写真はオルブで5月撮影(2018年 ロイター/DENIS BALIBOUSE)

[チューリヒ 28日 ロイター] - スイスの食品大手ネスレ<NESN.S>と米コーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)<SBUX.O>は28日、スタバのコーヒーなどを世界中で販売する永久ライセンスをネスレに付与した。契約金額は71億5000万ドル。

ネスレは、スタバのコーヒーである「スターバックス」や「シアトルズベストコーヒー」、お茶の「ティバーナ」といった商品をスタバ店舗以外で販売することが可能となる。

これに伴い、スタバ社員500人程度がネスレへ移籍する。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。