48歳、不倫され別れた女をなお愛す男の境地

結婚11年で離婚、激しすぎる暴力を受けても

育美はある日、実習先の病院にいた看護師の男性と「不倫関係にある」とハッキリとした口調で正弘さんに告げた。

「『実は、職場の妻子がある男性と不倫しているんだよね。だから別れてよ。言ってようやくスッキリした』って言われたんです。とにかく唖然としましたね。ただ単に男性に走ったから離婚したいというよりは、もともと妻の中で、なんで結婚しちゃったんだろうという思いがあったみたいなんです。好きなときに遊びに行きたいし、結婚生活から自由になりたい、別れたいというのがあって、職場で男性と関係ができてその思いが加速した部分が大きいと思います。結婚は彼女にとって、不自由だったんだと思います」

すぐに義理の両親に相談すると、あろうことか母親は以前から育美の浮気にうすうす気づいている様子だったという。

「結局、お義母さんも妻が浮気したのは、全部私のせいだと言うんです。仕事が忙しくて、育美を構ってやらなかったから浮気されたんだって。浮気なんて遊び心だから、自由にさせておきなさいという感じの反応で、何もしてくれませんでした。ショックでしたね」

妻が不倫相手の子を身ごもる

不倫を告白してからというもの、育美は堂々と不倫相手とデートに繰り出すようになった。

毎週土曜日には、派手な衣装に身を包んで、香水の香りをプンプンさせて、社交ダンスクラブに行くと言って出掛けて行く。そして夜遅くまで帰らない日々が続いた。正弘さんは息子と一緒に、いつになるかわからない育美の帰りを待つしかなかった。

しかし、どんなに育美に翻弄されても、正弘さんは育美のことが好きだった。何よりも、息子との平穏な家庭生活を壊す気がなかった。

しばらくすると、育美はさらに予想もしないことを打ち明けた。不倫相手の子どもを身ごもったというのだ。

「相手の男性は認知しないだろうなというのは何となくわかっていました。向こうも妻子があり、別れる気はなさそうだったんです。一般の感覚からしたら、おかしいと思われるかもしれませんが、私としてはお腹の子どもに罪があるわけじゃないと思った。だから、彼の子であっても育てていく覚悟があるということを話しました。好きだから、別れたくなかったんです。

次ページ「離婚するべき」と「離婚したくない」という思いが交錯
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。