ニコン、出遅れた「高級ミラーレス」の本気度

屋台骨の一眼レフ事業とは食い合うのか

一眼レフの商品群を持たないソニーはミラーレスでの性能向上に振り切ることができたが、一眼レフの世界2強であるニコンとキヤノンは、一眼レフとのカニバリゼーションを起こす恐れから、これまでミラーレスには及び腰だった。

これまで一眼レフを中心に商品展開してきたニコン。ミラーレスとのカニバリは起こるのか(撮影:尾形文繁)

だが、市場の盛り上がりを受けて両社ともミラーレスに本腰を入れる必要性を痛感。キヤノンはニコンのNikon 1に遅れること1年、2012年にミラーレスの展開を始め、2015年頃から商品群を拡大させている。まずエントリー機を発売し、少しずつ中価格帯へと近づけてきた。

ニコンがいきなり中高級機でミラーレス市場に再参入した理由として、前出の土田部長は、「ミラーレス市場では高解像度への需要が増えている。新しい価値体験を提供するため中高級機から出した」と話す。今後のミラーレスの具体的な方向性は示されなかったが、「高付加価値品を中心に展開する」(牛田社長)という。

「一眼レフの需要はまだまだある」

高級ミラーレスを充実させることで、ニコンの主力である一眼レフとカニバリゼーションを起こさないのか。牛田社長はこの点について、一眼レフ市場は年々縮小しているものの、「高級カメラを使う客が今後減ることはない」と根強いファンの存在を意識する。実際、ニコンが2017年に発売したハイアマチュア向け一眼レフ「D850」は約40万円という価格ながら大ヒットし、品薄状態が続いた。

Zシリーズの発売で、ニコンはミラーレス市場のシェアを拡大できるか(撮影:梅谷秀司)

今後もミラーレス市場そのものでは増加を見込むものの、一眼レフとミラーレスの開発を並行して続けながら、顧客の需要動向を見極める構えだ。

一眼レフが緩やかに縮小する中で、ニコンはミラーレスでも存在感を見せられるのか。牛田社長は「ミラーレスの目標はシェアナンバーワンだ」と力を込める。今回満を持してお披露目したZシリーズが、今後のカメラ事業の行方を左右するといっても過言ではない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT