ソニーの「プロ向けミラーレス」が伸びた理由

欠点を克服しメリットが認められた

ソニーがミラーレスカメラで躍進を続けている(撮影:尾形文繁)

プロ・ハイアマチュア向けデジタルカメラ市場で圧倒的な存在感を示してきたキヤノンとニコン。これまで両社の一眼レフが圧倒的だった市場で、ソニーがミラーレスカメラを引っさげて存在感を増している。

カメラ市場が減速する中で、ミラーレスは成長している。2017年の一眼レフの世界出荷台数は740万台(前年比マイナス13%)の一方、ミラーレスは414万台(前年比プラス18.6%)だった。ミラーレスにおけるソニーのシェアは高く、2017年の台数ベースで42%に及んでいる(いずれもテクノ・システム・リサーチ調べ)。

信号処理に時間がかかるのが難点だったが

2008年にミラーレスが登場した当初、「性能は一眼レフほどではないが小型軽量で持ち運びやすい」という点がセールスポイントだった。

一眼レフは、レンズから取り込んだ被写体の像を鏡で反射させてファインダーで覗くため、実際の撮影対象の状態との間にタイムラグがない。一方ミラーレスでは、レンズから取り込んだ光を電気信号に変換して液晶画面で確認する。こうした信号処理に時間がかかり、撮影者が見ているものと被写体の実際の状態との間に時間差があった。

プロの撮影現場では”一瞬の瞬間”を切り取る必要があるため、ミラーレスが登場しても、しばらくは一眼レフメーカーであるキヤノンやニコンの牙城は崩れなかった。しかし状況は徐々に変わりつつある。

目立つのがソニーの躍進だ。プロ市場におけるシェアは明らかではないが、ソニーの岩附豊統括課長は「かつてシェアは1ケタだったが、それよりはかなり成長した」と表現する。実際、ここ2年間で、プロ向けサポートの会員数は5倍になったという。

次ページ基幹デバイスを内製化
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?