エプソンが「インクジェット」に命懸けの理由

碓井社長「ペーパーレスを言い訳にしない」

セイコーエプソンが新興国を中心に展開する大容量インクジェットプリンター。カートリッジを買いに走ったりする必要がない(撮影:今井康一)
成熟した複合機業界で、セイコーエプソンは“寵児”となれるか。キヤノンやリコー、富士ゼロックスといった大手が手掛けるオフィス向け複合機は基本的にレーザー方式だ。そんな中、セイコーエプソンは昨年5月、高速印刷に対応したインクジェット複合機を発売し、シェアの低いオフィス向け市場に本腰を入れ始めた。
消費者や小規模オフィス向けには新興国を中心に、大容量のインクタンクを積んだインクジェットプリンターをヒットさせ、カートリッジを儲けの柱とする従来のビジネスモデルを大きく変えた。なぜそれほどまでにインクジェットに懸けるのか。狙いや印刷の未来について、就任から10年となる碓井稔社長を直撃した。

環境を考えれば、インクジェット一択

――大容量のインクジェットプリンターはどこまで広がるのでしょうか。

基本的にはプリンティングのメジャーな商品になっていくと思っている。カートリッジをとっかえひっかえ使い捨て交換していく今のビジネスモデルが永久に続くことはあり得ない。今の世の中では環境のことを抜きにして語れない。廃棄するものがなく、消費エネルギーも非常に少なく、必要なときにパッと印刷できるものが求められるようになる。

碓井稔社長は、環境面でのインクジェットの優位性を熱を込めて語った(撮影:今井康一)

インクジェットの消費エネルギーはレーザーの8分の1だ。インクをパッと飛ばすだけだから。もともとの印刷技術はアナログの「版」にたっぷりとインクをつけて紙に刷るというものだったが、非常に効率が悪いし、廃棄物も多かった。インクジェットであれば、環境を気にしない生産環境に作り替えることができる。

核となる技術がインクジェットのヘッドだ。これが製品としてのパフォーマンスを決定づける。まっすぐ、精度よくインクを飛ばさなければいけない。われわれは「省・小・精」の技術を基盤にしてきた。(祖業の)時計なんてまさにその極み。プリンター自体は大きいが、コアデバイスはすべて自分たちでつくって最終製品まで展開している。

次ページ技術的には“大したもの”じゃない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。