NY州保健当局、マクドナルドの店舗を調査

22人が吐き気や嘔吐、下痢などの症状を訴え

 8月23日、米ニューヨーク州の保健当局は、米ファストフード大手マクドナルドの同州ジェームズタウンの店舗との関連が疑われる顧客の複数の症状について、調査を実施していると明らかにした。写真はカリフォルニア州の同社店舗。4月29日撮影(2018年 ロイター/Lisa Baertlein)

[23日 ロイター] - 米ニューヨーク州の保健当局は23日、米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>の同州ジェームズタウンの店舗との関連が疑われる顧客の複数の症状について、調査を実施していると明らかにした。

同州と同州南西部シャトークア郡の保健局によると、22人が吐き気や嘔吐、下痢などの症状を訴えたことを受けて聞き取りを行った結果、15人が今月4─21日の間に同店舗で朝食メニューのサンドイッチを食べたことが判明した。

当局者らによると、同店舗のオーナーは一時的に営業を停止し、調理や販売の方法を見直しているという。

マクドナルドからコメントは得られていない。株価は引け後の時間外取引で小幅安となっている。

同社を巡っては、複数の州で同社店舗が販売したサラダとの関連が疑われているサイクロスポラ感染症の発症について、米食品医薬品局(FDA)が調査を進めている。FDAによると、23日時点でマクドナルドのサラダを食べた顧客のサイクロスポラ症発症事例は507件に上った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT