NY州保健当局、マクドナルドの店舗を調査

22人が吐き気や嘔吐、下痢などの症状を訴え

 8月23日、米ニューヨーク州の保健当局は、米ファストフード大手マクドナルドの同州ジェームズタウンの店舗との関連が疑われる顧客の複数の症状について、調査を実施していると明らかにした。写真はカリフォルニア州の同社店舗。4月29日撮影(2018年 ロイター/Lisa Baertlein)

[23日 ロイター] - 米ニューヨーク州の保健当局は23日、米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>の同州ジェームズタウンの店舗との関連が疑われる顧客の複数の症状について、調査を実施していると明らかにした。

同州と同州南西部シャトークア郡の保健局によると、22人が吐き気や嘔吐、下痢などの症状を訴えたことを受けて聞き取りを行った結果、15人が今月4─21日の間に同店舗で朝食メニューのサンドイッチを食べたことが判明した。

当局者らによると、同店舗のオーナーは一時的に営業を停止し、調理や販売の方法を見直しているという。

マクドナルドからコメントは得られていない。株価は引け後の時間外取引で小幅安となっている。

同社を巡っては、複数の州で同社店舗が販売したサラダとの関連が疑われているサイクロスポラ感染症の発症について、米食品医薬品局(FDA)が調査を進めている。FDAによると、23日時点でマクドナルドのサラダを食べた顧客のサイクロスポラ症発症事例は507件に上った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。