豪雨の「水没リスク」、都内地下駅の対策は?

東京には浸水しやすい駅が至る所に存在する

国土交通省荒川下流河川事務所では、2004年、荒川が氾濫した場合に想定される「荒川浸水想定区域図」を公表した。これに基づき該当の都内11区では詳細な洪水ハザードマップを作成し公表している。2015年5月、水防法の一部が改正され、想定される最大規模の降雨を前提とした「荒川洪水浸水想定区域図」が2016年5月に作成された。一部の区ではこれに対応したハザードマップの改訂版ともいえるものも公表している。

「荒川洪水浸水想定区域図」(最大規模想定)。国土交通省荒川下流河川事務所ハザードマップより文字など筆者加工

上記ハザードマップから地下駅の地上部分の浸水高に関して一覧にした。

浸水3~5mないし2~5m以上という水没地が、地下駅では東京メトロ・町屋駅、入谷駅など16駅もある。荒川沿いに限らず、隅田川に近い駅も含まれている。駅の出入口の屋根を越える所まで水がやってくる。

次ページなぜ東京の駅は水没しやすい?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT