インドネシアの裁判所、仏教徒女性に禁錮刑

モスクのお祈りの音に苦情を言ったところ…

 8月21日、インドネシアの裁判所は、近隣のモスクがうるさいと苦情を訴えた仏教徒の女性に、イスラム教を冒瀆(ぼうとく)したとして禁錮18月の刑を言い渡した。提供写真(2018年 ロイター/Antara Foto/Irsan Mulyadi)

[ジャカルタ 21日 ロイター] - インドネシアの裁判所は21日、近隣のモスクがうるさいと苦情を訴えた仏教徒の女性に、イスラム教を冒瀆(ぼうとく)したとして禁錮18月の刑を言い渡した。

この44歳の中国系女性は、北スマトラ州の自宅の近くにあるモスクで1日5回行われるイスラム教のお祈りの音が大きすぎると苦情を申し立てた。

メダンの地方裁判所のスポークスマンは「彼女は宗教、この場合はイスラム教を侮辱する発言をした」と指摘。被告は後悔の念を示し、謝罪したと付け加えた。

一方、政治活動家らは同国の宗教冒瀆を禁じる法律は過剰に厳格で、少数派を阻害するために利用され、宗教の自由を侵していると反発している。

インドネシアは世界最大のイスラム人口を持つ国で、仏教徒やキリスト教徒などは少数派。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。