インドネシアの裁判所、仏教徒女性に禁錮刑

モスクのお祈りの音に苦情を言ったところ…

 8月21日、インドネシアの裁判所は、近隣のモスクがうるさいと苦情を訴えた仏教徒の女性に、イスラム教を冒瀆(ぼうとく)したとして禁錮18月の刑を言い渡した。提供写真(2018年 ロイター/Antara Foto/Irsan Mulyadi)

[ジャカルタ 21日 ロイター] - インドネシアの裁判所は21日、近隣のモスクがうるさいと苦情を訴えた仏教徒の女性に、イスラム教を冒瀆(ぼうとく)したとして禁錮18月の刑を言い渡した。

この44歳の中国系女性は、北スマトラ州の自宅の近くにあるモスクで1日5回行われるイスラム教のお祈りの音が大きすぎると苦情を申し立てた。

メダンの地方裁判所のスポークスマンは「彼女は宗教、この場合はイスラム教を侮辱する発言をした」と指摘。被告は後悔の念を示し、謝罪したと付け加えた。

一方、政治活動家らは同国の宗教冒瀆を禁じる法律は過剰に厳格で、少数派を阻害するために利用され、宗教の自由を侵していると反発している。

インドネシアは世界最大のイスラム人口を持つ国で、仏教徒やキリスト教徒などは少数派。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT