結果を出すメンタルを鍛えた室屋義秀の軌跡 エアレース王者を指導する白石豊氏の存在

拡大
縮小

そんな時、立ち寄った書店で偶然にも手にした本『スポーツ選手のための心身調律プログラム』(白石豊共著)が室屋の人生を左右するきっかけとなった。

すぐに白石氏に会うことを決めた室屋は、2010年8月30日に初対面を果たした。そして「レース前に襲いかかる恐怖心や緊張が払拭できないことが悩み」であることを、白石氏に告げた。

一方の白石氏は、室屋が持参したレースの映像を見て驚いた。機体が急上昇や急降下を繰り返し時速370kmのスピードで飛ぶ、今まで見たことのないスポーツだったからだ。数々のトップアスリートにメンタル指導をしてきた白石氏の目には、あまりにも違う次元として映った。

室屋が「7年後の2017年に、世界一になりたいんです!」と、すがるような思いで白石氏に強く語った。白石氏は室屋の言葉に心を打たれ、直伝のメンタルトレーニング指導を行うことになった。

2011年3月11日、東日本大震災発生

室屋がフライトの練習をする拠点は福島だった。大打撃を受けたことで、フライトトレーニングをできるような状況ではなくなった。震災直後の室屋は、この先自分がどうしていけばいいかわからなくなっていた。

さらに追い打ちをかけるように、中止となったエアレースの代わりに出場した曲技飛行世界選手権では予選で敗退した。

「室屋くんは選手でありながら、スタッフの仕事まですべて1人で行っていたんだから、それでは試合にいい状態で入れるはずないよ。よく1人で立ち向かったね」

こんな白石氏が励ます言葉に助けられた室屋は、這い上がり、再び世界一に向かって進み始めた。

2014年にエアレースが再開されると、徐々に手応えを感じ始め、大会で初めて3位の表彰台に立つこともできた。

白石氏によるメンタルトレーニングを続け、性能の高い新型機を導入し、2016年シーズンへと突入した。そして迎えた母国開催である千葉・幕張での第3戦で、自身初となる優勝を経験する。

次ページ白石氏に誓った世界王者の約束
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT