恒例!フォーブス「最も稼いだ女優」1位は?

44億円以上稼いだのは、この人

 8月16日、米経済誌「フォーブス」が発表した毎年恒例の「世界で最も稼いだ女優」ランキングで、マーベルの人気キャラクター「ブラック・ウィドウ」を演じる米女優スカーレット・ヨハンソン(33)がトップとなった。写真は昨年2月撮影(2018年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ロサンゼルス 16日 ロイター] - 米経済誌「フォーブス」が発表した毎年恒例の「世界で最も稼いだ女優」ランキングで、マーベルの人気キャラクター「ブラック・ウィドウ」を演じる米女優スカーレット・ヨハンソン(33)がトップとなった。

2位はアンジェリーナ・ジョリー

フォーブスの推計によると、ヨハンソンは2017年6月からの1年間に税引き前で4050万ドル(約44億7600万円)を稼ぎ、前年から4倍に急増した。

2位はアンジェリーナ・ジョリー(43)の2800万ドル。2020年に公開予定の映画「マレフィセント2」への出演料が大きいとみられる。

3位はジェニファー・アニストン(49)の1950万ドル。いまだに人気ドラマ「フレンズ」関連の収入があるほか、コカコーラの「スマートウォーター」ブランドやジョンソン・エンド・ジョンソンの「Aveeno」の広告出演料も得ている。

4位はジェニファー・ローレンス(28)で1800万ドル。5位はリース・ウィザースプーン(42)の1650万ドル。

このほか、トップ10にはミラ・クニス、ジュリア・ロバーツ、ケイト・ブランシェット、メリッサ・マッカーシー、ガル・ガドットらが入った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。