恒例!フォーブス「最も稼いだ女優」1位は?

44億円以上稼いだのは、この人

 8月16日、米経済誌「フォーブス」が発表した毎年恒例の「世界で最も稼いだ女優」ランキングで、マーベルの人気キャラクター「ブラック・ウィドウ」を演じる米女優スカーレット・ヨハンソン(33)がトップとなった。写真は昨年2月撮影(2018年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ロサンゼルス 16日 ロイター] - 米経済誌「フォーブス」が発表した毎年恒例の「世界で最も稼いだ女優」ランキングで、マーベルの人気キャラクター「ブラック・ウィドウ」を演じる米女優スカーレット・ヨハンソン(33)がトップとなった。

2位はアンジェリーナ・ジョリー

フォーブスの推計によると、ヨハンソンは2017年6月からの1年間に税引き前で4050万ドル(約44億7600万円)を稼ぎ、前年から4倍に急増した。

2位はアンジェリーナ・ジョリー(43)の2800万ドル。2020年に公開予定の映画「マレフィセント2」への出演料が大きいとみられる。

3位はジェニファー・アニストン(49)の1950万ドル。いまだに人気ドラマ「フレンズ」関連の収入があるほか、コカコーラの「スマートウォーター」ブランドやジョンソン・エンド・ジョンソンの「Aveeno」の広告出演料も得ている。

4位はジェニファー・ローレンス(28)で1800万ドル。5位はリース・ウィザースプーン(42)の1650万ドル。

このほか、トップ10にはミラ・クニス、ジュリア・ロバーツ、ケイト・ブランシェット、メリッサ・マッカーシー、ガル・ガドットらが入った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT