ソニーによるEMI子会社化に「待った」の声

独立レーベル「インパラ」がEU当局に阻止要請

5月22日撮影(写真:REUTERS/Toru Hanai)

[ブリュッセル 13日 ロイター] - ソニー<6758.T>がEMIミュージックパブリッシングを傘下に収める計画について、独立音楽レーベルのインパラが、ソニーの市場への影響力が大きくなり過ぎるとして欧州連合(EU)独占禁止当局に阻止するよう要請した。

ソニーは5月、米子会社がEMIミュージックパブリッシングの運営会社の株式60%をムバダラインベストメントカンパニーから取得することで合意したと発表。実現すればサム・スミスやファレル・ウィリアムスら人気アーティストによる210万の楽曲の権利を手中にする。

音楽配信大手スポティファイ<SPOT.N>のほか、アップルミュージックやグーグルプレイなどが提供する音楽ストリーミングサービスの人気が高まる中で市場は拡大しており、インパラの執行役会長、ヘレン・スミス氏は、ソニーがEMIを傘下に収めれば市場で巨大な影響力を持つことになると警告。

ソニーはレコーディングとパブリッシングの双方で強い交渉力を手にし、アーティストに他より良好な条件を提示できるようになるとし、「同計画を阻止することが現時点では唯一の対策となる」と述べた。

インパラは週内にEUの執行機関である欧州委員会に見解を提出するとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。