ソニーによるEMI子会社化に「待った」の声

独立レーベル「インパラ」がEU当局に阻止要請

5月22日撮影(写真:REUTERS/Toru Hanai)

[ブリュッセル 13日 ロイター] - ソニー<6758.T>がEMIミュージックパブリッシングを傘下に収める計画について、独立音楽レーベルのインパラが、ソニーの市場への影響力が大きくなり過ぎるとして欧州連合(EU)独占禁止当局に阻止するよう要請した。

ソニーは5月、米子会社がEMIミュージックパブリッシングの運営会社の株式60%をムバダラインベストメントカンパニーから取得することで合意したと発表。実現すればサム・スミスやファレル・ウィリアムスら人気アーティストによる210万の楽曲の権利を手中にする。

音楽配信大手スポティファイ<SPOT.N>のほか、アップルミュージックやグーグルプレイなどが提供する音楽ストリーミングサービスの人気が高まる中で市場は拡大しており、インパラの執行役会長、ヘレン・スミス氏は、ソニーがEMIを傘下に収めれば市場で巨大な影響力を持つことになると警告。

ソニーはレコーディングとパブリッシングの双方で強い交渉力を手にし、アーティストに他より良好な条件を提示できるようになるとし、「同計画を阻止することが現時点では唯一の対策となる」と述べた。

インパラは週内にEUの執行機関である欧州委員会に見解を提出するとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT