ボルト、豪サッカーチームの練習に参加へ

プロサッカー選手になることを目指す

 8月7日、男子陸上で8個の五輪金メダルを獲得し、現役を引退したウサイン・ボルト氏(31)が、オーストラリア・Aリーグのセントラルコーストの練習に参加することが明らかになった。フランスのナンテールで6月撮影(2018年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[7日 ロイター] - 男子陸上で8個の五輪金メダルを獲得し、現役を引退したウサイン・ボルト氏(31)が、オーストラリア・Aリーグのセントラルコーストの練習に参加することが明らかになった。同クラブが7日に発表した。

ボルト氏は「豪州に行くことに非常にワクワクしている。このような機会を与えてくれたセントラルコーストのオーナー、経営者に感謝したい。プロのサッカー選手になることは私の夢であり、Aリーグでインパクトを残すには多くのハードワークとトレーニングが必要だろう」と語った。

セントラルコーストは、ボルト氏との今回の契約がプロとしてプレーすることを保証するものではないとしている。

マンチェスター・ユナイテッド(マンU、イングランド)のファンとして知られるボルト氏は陸上選手を引退後、プロサッカー選手になることを目指しており、これまでにドルトムント(ドイツ)や南アフリカ、ノルウェーのクラブで練習に参加している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT