日本人が忘れてしまったサメとの深い関係

かつて築地市場にはサメがあふれていた

木本:赤身ですか? それとも白身?

沼口:白身ですね。それもとてもおいしい。サメ肉というとアンモニア臭いのでは?とよく聞かれますが、鮮度をちゃんと保つ温度管理など漁獲したあと、きちんと処理したものであれば、思わず舌鼓を打つほどおいしい。煮たり焼いたりすると、ちょっと歯応えがあって鶏肉に近いような。

木本:なるほど。

高級「はんぺん」にはサメの肉が不可欠

沼口:加工品で言うと、「はんぺん」は、昔はサメ肉で作ってたんです。いま木本さんと対談している東洋経済新報社からも近い「神茂(かんも)」さんという老舗では、いまでもサメ肉100%で作っています。

木本武宏(きもと たけひろ)/タレント。1971年大阪府生まれ。1990年木下隆行とお笑いコンビTKOを結成しツッコミを担当。2006年、東京へ本格的進出。S−1バトル優勝、キングオブコント総合3位などの受賞歴がある。現在は、ドラマやバラエティなどピンでも活躍中(撮影:尾形文繁)

安い「はんぺん」は海外から入ってきたグチとかスケトウダラの肉を入れて作りますが、まったく食感が違います。昔からの味を知る方は、サメが入っていないものは「はんぺん」と認めないくらいです。

木本:サメが入っているのが本格派の「はんぺん」で、よりおいしい。僕も知らないうちに口にしているかもしれませんね。

沼口:昔はかまぼこにも入っていました。今は輸入魚が安くなり、コスト削減で積極的に使われることは減っています。神茂の「はんぺん」はふわふわで、そのまま食べてもおいしいです。

木本:サメと聞くと、癖があるイメージですが。

沼口:逆に癖がないんですね。肉として食べようと思ったら。衣をつけてフライにしたり、チーズやシソ梅を挟んだりするとおいしいですよ。

次ページ昔の築地市場はサメが主役だった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT