航空機メーカー、エコノミー座席幅めぐり火花 熾烈な受注競争

拡大
縮小

し烈な受注競争

利用客にとって座席のわずかなスペースの問題も、サプライヤーにとっては利益に影響しかねない問題となりつつある。

背景には、向こう数十年間で少なくとも推定7000億ドルのビジネスとなる航空機の受注競争がある。この規模は米国にとっても欧州にとっても輸出を押し上げるのに十分だ。

ロイターが7月に初めて報じたように、座席のレイアウト問題は最新型ジェット機をめぐる論争の中心となっている。

エアバスもボーイングも、最新機の1座席当たりの燃料効率について、マーケットリーダーのボーイング777━300ER機と比べて20%向上していると主張する。

ただボーイングは、1列10席の777X型機と1列9席の777型オリジナル機とを比較している部分があり、現在使用されている1列10席の航空機と比べると単価コストの改善は鈍る。

一方、アナリストからは、現在運航中の777型機が1列10席というのは、より安い運賃を可能にし、多くの利用客から支持されている結果との声も聞かれる。

エアバスが求める座席幅の業界基準は、唯一のライバルであるボーイングの支持が得られない限り実現しないとみられるが、777Xの快走に一矢を報いることはできるかもしれない。

(Tim Hepher記者、翻訳:伊藤典子、編集:橋本俊樹)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT