不妊治療500万円!42歳専業主婦の深い悩み

子供を授かるためにお金はどこまでかける?

ご相談にいらしたとき、A子さんはすでに専業主婦になっていたので、収入はご主人の給料のみです。手取り月収40万円のうち、不妊治療関連費用で毎月15万円以上の出費がかさんでいます。ほかに毎月15万円程度の住宅ローンの支払いもあります。残りの金額で光熱費、民間の保険料、通信費、その他雑費を支払うと、家計には余裕がありません。

このままでは仮にお子さんを授かったとしても、その後の長きにわたってかかる教育費のことを考えると、決して楽観できる状況ではありません。
 特に今回のように、妻が40代、夫が50代というケースでは、役職定年でお給料が下がったり、親の介護費用が必要になったりと想定外の費用がかかることも考えておく必要があります。

治療前から、あらかじめ「区切り」を考えておく

今後収入が低くなる可能性が高いうえに、教育費、住宅費、老後資金と人生の3大資金が人生の後半に重くのしかかってくるのですから、不妊治療についてもどこで区切りをつけるかを明確にすることが必要です。

A子さんは、東京都から不妊治療の助成を受けていますが、43歳を超えると、助成を受けられなくなります。相談に見えたときには43歳になるまであと3カ月でしたが、今回は相談を受けたことで家計の状況もあきらかになり、43歳で不妊治療に区切りをつけることになりました。結局、43歳まで不妊治療を続けたA子さんですが、治療期間中には残念なことに子どもは授かりませんでした。

ところが、信じられないような本当の話なのですが、治療を辞めて3カ月後に「妊娠しました!」とうれしいご報告をいただきました。

A子さんは、不妊治療期間中、ご主人と治療のことしか話してこなかったことに気がつき、不妊治療をやめてからは、ご主人と映画を観に行ったり、おしゃれなレストランで食事を楽しんだりと、リラックスした時間を過ごすようにしたそうです。それが良かったのかもしれません。

筆者の周りでも、不妊治療を辞めたとたんに子どもを授かるという人が少なくないのですが、もちろん、今までの治療の効果が出たのかもしれません。しかし、個人的には、やはり過度なプレッシャーから解放され、穏やかな時間を過ごすことができたことが妊娠につながったのではないかと思います。

不妊治療はとてもデリケートな問題なので、なかなか割り切れない部分も多いかと思います。しかし泥沼にはまってしまうと、家計だけでなく、夫婦関係の「ダブル破綻」にまで追い込まれてしまいます。

できれば、不妊治療に入る前の冷静な時期に「いつまで行うのか」「いくらまでなら予算をかけることができるのか」など、今後の人生のプランも含めてどこで「区切り」をつけるのかを考えておくことが大切といえます。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT