不妊治療500万円!42歳専業主婦の深い悩み

子供を授かるためにお金はどこまでかける?

不妊治療にはお金が結構かかる。「あきらめきれない」のはわかるが、どうすればいいのだろうか(写真:kou/PIXTA)

今回、私たちファイナンシャルプランナーの事務所に「お金の相談」に来たのは、42歳で専業主婦のA子さんです。一般メーカーに勤務する50歳の夫との2人暮らしです。

疲れた様子で相談に訪れたA子の悩みはズバリ不妊治療の費用についてです。「不妊治療を始めて2年になりますが、貯蓄を半分も使ってしまい、さすがに不安になって……」と言うのです。実は最近、A子さんのように不妊治療に費用をかけすぎてしまい、家計が厳しい状態に陥ってしまう方からのご相談が増えています。早速、お話を聞いてみることにしました。

40歳から不妊治療スタート、2年間で500万円超に

A子さんは、39歳のときに友人の紹介で8歳年上のご主人と出会い、交際がスタート。交際半年にしてめでたくゴールイン。「晩婚さんカップル」ということもあり、A子さんが40歳の誕生日を迎えた日から不妊治療を始めました。

A子さんも最初は、軽い気持ちで不妊治療を始めたとのこと。確かに最近は40代でも出産している人も増えているし、「何回か病院に通えば、妊娠できるだろう」と、ご主人も思っていたそうです。ですから、最初は、基本検査やタイミング法などのいわゆる初期段階の治療を、仕事を続けながらマイペースで行っていたとのこと。

確かに、タイミング法などの検査は、1回2000円~1万円程度で済み、健康保険も適用になります。この段階で妊娠できればよかったのですが、A子さんの場合、半年続けても妊娠に至らなかったので「人工授精」に移行することになりました。病院にもよりますが、こうなると1回1万円~5万円程度必要で、全額自己負担になります。

次ページ評判のクリニックにも通ったが…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT