不妊治療500万円!42歳専業主婦の深い悩み

子供を授かるためにお金はどこまでかける?

6回程度、人工授精にチャレンジしたそうですが、それでも妊娠に至らず、ついに「体外授精」を行うことになりました。A子さんは、「高額だけど、妊娠する可能性が高い」と評判のクリニックに通院することにしました。この頃には、治療で使う薬の副作用が強かったり、なかなか妊娠しないことのへのあせりがあったりで、精神的にも不安定になり、結局、仕事を辞めることになったそうです。

体外授精の費用は、クリニックなど個々の医療施設にもよりますが、1回100万円程度というのが標準的な費用とされています。A子さんが仕事を辞めたうえに、1回100万円以上の費用がかかりますから、毎月の家計からのやりくりだけでは足りず、貯蓄を取り崩すことになってしまったのです。費用もかかるし、今回で辞めようと思いつつも、「次こそは授かるかも!」と、なかなか「ふん切り」をつけられずにいたそうです。

不妊治療に熱心になるあまり…、夫との仲が険悪に

まじめなA子さんのことです。不妊治療だけではなく、それと並行してスイミングスクールに通ったり、良質なサプリメントを飲んだり、無添加の食材にこだわったりと、日常生活でも健康になるように努めました。

また、週末は、ご主人と子どもが授かると評判の神社にお参りにいったり、妊娠しやすい温泉があると聞けば、旅行がてら温泉につかりにいったりと、不妊治療以外の費用もかさむようになってしまいました。

それでもなかなか妊娠しないので、A子さんは、占いを受けにいきました。そこまではよくわかるのですが、その占い師から、「妊娠しやすいつぼがある」と聞き、藁(わら)にもすがるつもりでそのつぼを購入したというのです。その金額はなんと、100万円でした。

この高価なつぼで「冷水を浴びると、妊娠する可能性が高い」と説明を受け、A子さんは毎日冷水を浴びたそうです。その姿を見ていたご主人は、「君がとても子どもが欲しそうだから僕もできる限り協力してきた。でも変な占いにまで走ったりするし、僕は精神的にも金銭的にも限界だ!」と、ついにキレてしまったそうです。

その日を境に夫婦関係もギクシャクしてしまったA子さんご夫婦。そこでA子さんは、いちばんの心配だったお金のやりくりや今後のマネープランについて、第3者の客観的な意見を聞こうと、相談にいらしたのでした。

次ページどこで不妊治療に一区切りをつけるか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT