10月米ISM製造業景気指数56.4に

雇用は鈍化も、指数は2年半ぶりの高水準

11月1日、米ISMが発表した10月の製造業景気指数は2011年4月以来2年半ぶり高水準に。一方で雇用は鈍化した。写真はシカゴ。8月撮影(2013年 ロイター/Jim Young)

[ニューヨーク 1日 ロイター] -米供給管理協会(ISM)が1日発表した10月の製造業景気指数は56.4と前月の56.2から上昇し、2011年4月以来2年半ぶり高水準となった。

景気を見極める上での分岐点となる50を5カ月連続で上回った。

エコノミスト予想の55.0も上回った。10月は財政問題をめぐる与野党の対立で政府機関が16日間閉鎖に追い込まれたことによる影響が懸念されていた。

RBSのアナリストは顧客向けノートで「内訳はやや強弱まちまちだったが、大半は製造業部門の強さを引き続き示唆する内容となった」と指摘した。

新規受注は60.6と前月の60.5からわずかに上昇した。

生産は60.8で、前月の62.6から低下した。

雇用も53.2と、前月の55.4から低下した。来週8日に発表される10月の雇用統計について、市場では雇用の伸びが鈍化すると予想されている。

*内容を追加しました。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT