銀行は依然として「腹をすかせたオオカミ」だ

黒田日銀は金融機関を助けたわけではない

ここからは恒例の競馬コーナーだ。

真夏の小倉競馬場、2000mのハンデ重賞小倉記念(G3、8月5日、小倉競馬場11R)を予想する。

過去、10年間に1番人気が一頭も勝っていない、馬券的には妙味があっても、予想的には難しいレースだ(最後に勝った1番人気は2005年のメイショウドトウ、2番人気でも2008年のドリームジャーニーである)。

小倉記念は素直にトリオンフ本命

トップハンデは57キロで3頭いるが、いずれも鳴尾記念(G3、6月2日)に56キロを背負って出走しており、メンバー的にはこの再戦だ。レース動画を見ると、レコード決着のハイペースのレースを、外を回って仕掛けて2着だったトリオンフが最も強いレースをしているので、素直にこの馬を本命とする。

対抗は、このレースに強い池江泰寿厩舎の2頭出しの一方で調教が良かったマウンドゴールドを抜擢する。54キロは恵まれたハンデだ。

以下、ハーツクライ産駒の操縦が上手いM・デムーロ騎手騎乗のサトノクロニクル、夏場に強いストロングタイタンまでだ。

データ的に上位人気が弱いレースなのだが、今回は馬券点数を抑え気味に、あえて人気上位馬を買ってみたい。ポートフォリオの運用と一緒で、競馬でもデータの傾向がはっきりしてきた頃に逆のパターンが来ることがよくある。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。