川崎「駅前」のにぎわいはなぜ続いてきたのか

キーワードは「映画」と「商店会連合会」

JR川崎駅東口の様子(筆者撮影)

ここ最近、商業施設の完成や新しい開発計画で川崎駅周辺がにぎやかだ。

今年2月には駅北口の通路が開通し、同時に駅ビル「アトレ川崎」が拡張オープン。駅ナカにデリ・スイーツを中心に26店舗を新設、駅改札外のビル部分も増床し、川崎駅北口行政サービス施設の新設や、食料品・生活雑貨を中心とする新規店舗が開業した。5月には「川崎駅西口開発計画」が着工し、2021年春には29階建て・オフィス6万6000平米と300室のホテルを中心とした3棟のビルが生まれる予定だ。

また、東口では来年初秋にも「さいか屋」の跡地にパルコの運営する商業施設がオープンすることが決まった。いま勢いのある川崎駅周辺。その源はなにか探ってみた。

映画と工場で発展した街

川崎駅で特徴的なのは中央の東西に延びる自由通路だ。先日の北側自由通路開通まで、長きにわたって川崎駅に降り立つ人を一手に迎えてきた。その西口側には大型商業施設「ラゾーナ川崎」が、東側には駅ビル「アトレ川崎」が直結する。

この駅直結の2つの大型商業施設のほか、駅周辺には地下街の「アゼリア」、複合商業施設の「川崎ルフロン」「川崎DICE」「岡田屋モアーズ」、映画館を中心にした複合施設「チネチッタ」や大きなコンサートホールを持つ「ミューザ川崎」といった大型施設が集まる。また東口には大きなアーケードを持つ商店街群もあり、人通りが多く元気だ。

こうした市街地はもともと京急線やアーケードを持つ商店街の東、旧東海道沿いの砂子(いさご)地区にあった。川崎は旧東海道の宿場街で娯楽が発展したまちでもある。また、川崎大師平間寺が近かったことから、宿場周辺には遊郭が栄えた。明治時代に入り1872年に鉄道が開通し、人々の流れが街道から鉄道へと変わっていっても、遊郭由来の盛り場は残った。

次ページ急速な工業都市化で盛り場が大人気に
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。