駅前「中野サンプラザ解体」新区長でどうなる

解体・再整備計画の見直し訴えた新人が当選

中野駅前のシンボル的な施設、中野サンプラザ(写真:mizoula / PIXTA)

東京都中野区長選は6月10日に投票、11日に開票され、新人の酒井直人氏が初当選を果たした。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

今回の区長選で大きな争点だったのが中野駅周辺の再開発、特に中野区役所と中野サンプラザ地区の再整備計画だ。区役所の移転に伴う解体と中野サンプラザの解体により、両施設を一体的に開発し、1万人収容の大規模アリーナを目玉とした複合施設を建設する計画が進む中、現職の田中大輔氏が計画の推進を訴えたのに対し、酒井氏をはじめとするほかの3候補は反対や慎重姿勢だった。

そこで、中野駅北側のまちの姿や再整備にあたっての経緯を見ながら、中野区役所・中野サンプラザの再整備計画について考えたい。

関東大震災後に発展した街、中野

もともと中野は武蔵野の農村地帯にあり、地名の由来も武蔵野の中にあることからと言われている。

そんな農村地帯だった中野の都市化が始まったのは1923年の関東大震災後のことだ。家を失った人々などが移り住み、中野周辺の人口は激増した。併せて中野駅も乗降客が激増する。1922年の乗降客が1日あたり約9000人だったのに対して1924年には約1万5000人になったというから、相当なものだ。

そのため、1889年に開通していた国鉄中央線(開業時は甲武鉄道)の中野駅が手狭になっただけではなく、中央線そのものも殺人的な混雑になり、1929年には駅が現在の位置に移転、さらに1933年からは中野―御茶ノ水で急行運転が始まった。それからも戦後の混乱期を除いては1960年頃まで大きく人口を伸ばし続け、1966年には地下鉄東西線が中野駅に乗り入れた。

現在は中野区全体で約32万人が暮らし、中野駅は1日あたり約42万人(JRと東京メトロの乗降客数の合計)が利用する。

次ページ雑多な雰囲気が魅力の「サブカルの街」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>「組合介入」を許した経営

国鉄時代、管理職を組合員が「吊るし上げる」場となり、職場を荒廃させた「現場協議」。これをひそかに復活させていたJR北海道。元社長自殺の引き金になった可能性がある。