駅前「中野サンプラザ解体」新区長でどうなる

解体・再整備計画の見直し訴えた新人が当選

中野駅前のシンボル的な施設、中野サンプラザ(写真:mizoula / PIXTA)

東京都中野区長選は6月10日に投票、11日に開票され、新人の酒井直人氏が初当選を果たした。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

今回の区長選で大きな争点だったのが中野駅周辺の再開発、特に中野区役所と中野サンプラザ地区の再整備計画だ。区役所の移転に伴う解体と中野サンプラザの解体により、両施設を一体的に開発し、1万人収容の大規模アリーナを目玉とした複合施設を建設する計画が進む中、現職の田中大輔氏が計画の推進を訴えたのに対し、酒井氏をはじめとするほかの3候補は反対や慎重姿勢だった。

そこで、中野駅北側のまちの姿や再整備にあたっての経緯を見ながら、中野区役所・中野サンプラザの再整備計画について考えたい。

関東大震災後に発展した街、中野

もともと中野は武蔵野の農村地帯にあり、地名の由来も武蔵野の中にあることからと言われている。

そんな農村地帯だった中野の都市化が始まったのは1923年の関東大震災後のことだ。家を失った人々などが移り住み、中野周辺の人口は激増した。併せて中野駅も乗降客が激増する。1922年の乗降客が1日あたり約9000人だったのに対して1924年には約1万5000人になったというから、相当なものだ。

そのため、1889年に開通していた国鉄中央線(開業時は甲武鉄道)の中野駅が手狭になっただけではなく、中央線そのものも殺人的な混雑になり、1929年には駅が現在の位置に移転、さらに1933年からは中野―御茶ノ水で急行運転が始まった。それからも戦後の混乱期を除いては1960年頃まで大きく人口を伸ばし続け、1966年には地下鉄東西線が中野駅に乗り入れた。

現在は中野区全体で約32万人が暮らし、中野駅は1日あたり約42万人(JRと東京メトロの乗降客数の合計)が利用する。

次ページ雑多な雰囲気が魅力の「サブカルの街」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT