川崎「駅前」のにぎわいはなぜ続いてきたのか

キーワードは「映画」と「商店会連合会」

一方、大正時代になると、川崎は工業都市として急速に発展をはじめる。1899年から1905年にかけて大師電気鉄道(現:京急大師線)や現在の京急本線が開業。1930年代後半、日中戦争以後は南武鉄道(1927年開業・現在の南武線)沿いにも工場街ができ、同線は1938年ごろから乗客が急激に増え、駅新設や列車増発に追われた。結節点であった川崎駅もパンク状態になり、川崎市から東京鉄道局へ駅舎改築が要請され、臨時改札口の設置や2つの跨線橋増設が行われたという。

川崎駅には沿岸部の工場地帯へ向かうバスが多数発着する(筆者撮影)

こうして工場の町になった川崎では、盛り場が大いに栄えた。1941年の調査では年間延べ約57万人の遊興客が遊郭や貸座敷などに行ったという。また堀之内をはじめとした新しい盛り場では映画も流行した。バーやカフェとともに映画館があり、1936年以降には東京で映画館を多数経営していた美須鐄(みす・こう)が川崎に進出し、一大映画館街を作った。

戦後復興の立役者は映画館

太平洋戦争では川崎も空襲の被害を受け、そして戦後は全国の多くの都市と同じように闇市が栄えた。だが、川崎らしいのは映画を中心にまちが復興していったことだろう。

昼間も多くの人で賑わう銀柳街(筆者撮影)

戦前に一大映画館街を作った美須鐄は1945年に「川崎銀星座」を開業。そこから映画館を再び次々と開業させ、銀星座から北に向かう通りが栄えた。その通りは南から、「銀映会」「銀柳街」「銀座街」と名付けられ、「銀」の字から映画館が栄えたことがよくわかる。1960年ごろには川崎市内で年間延べ1200万人もの人が映画を見たという。これは市民1人が1年に30回も映画を見に行った計算となる。

戦後の混乱期から高度経済成長期へ移行する過程では、百貨店も台頭していった。川崎では戦前からあった小美屋(こみや)のほか、1955年に百貨店を開業した地元の岡田屋、翌年に横須賀から進出したさいか屋が百貨店を営み、徐々に規模を大きくしていく。さいか屋は1969年に横須賀と藤沢にもあったさいか屋の本店機能を統合し、川崎に本部をおいた。

そんな中で、1958年には国鉄の駅ビルが開業した。当初は地元商店会の反対もあり、かなり売り場面積が制限されたが、その中でも岡田屋がテナントとして広い面積を取得し、工員のまちらしく安いものを売ったという。

次ページ商業は高度成長期に「地盤沈下」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。