はとバス「セメント工場ツアー」大迫力の中身

石灰石「ダイナマイトで発破」採掘を見学!

はとバスが70周年記念で企画した、栃木県佐野市葛生のセメント工場などを見学するツアーの様子(筆者撮影)

栃木県佐野市葛生――。多くの人にとっては、あまりなじみのない地域かもしれない。佐野といえば、知られているのはアウトレットモールや佐野ラーメン。ゆるキャラグランプリで優勝経験を持つ「さのまる」あたりも有名だろうか。ただ、佐野市北部の葛生地区には著名な観光地があるわけでもなく、申し訳ないけれど少々地味である。

ところが、そんな葛生にあの黄色いバスでおなじみの「はとバス」がやってきた。お目当ては、住友大阪セメント栃木工場と唐沢鉱山。石灰石の採掘と加工を行うこの工場が、今回のはとバスツアーの目玉のひとつなのだ。

人気のある「産業観光」

「はとバスが今年で70周年を迎えるということで、さまざまな記念ツアーを発売しています。その中では、定番の観光地を巡るだけではなく一風変わった“ツウ”なコースもあればいいなと。そこで、葛生のセメント工場を見学する産業観光プランを考案しました」

こう話してくれたのは、はとバスの企画旅行部企画課主任・澤谷輝さん。同社では、長年各地域と協力関係を築きながらほかにはないコースを生み出してきた歴史がある。今回も佐野市からの提案を基にリサーチ&検討を重ねた結果、晴れて“70周年記念コース”のひとつとして実現の運びとなったようだ。

「産業観光は何度も参加してくださるお客様も多く、一定の人気があります。普段は入れないようなところを見学できるわけですから、好きな人にとってはたまらないのではないでしょうか。葛生でもそんな特別な体験をしていただければうれしいですね」(澤谷さん)

次ページ男女問わず「1人参加」も少なくない
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。