はとバス「セメント工場ツアー」大迫力の中身

石灰石「ダイナマイトで発破」採掘を見学!

セメント工場、鉱山見学の後に訪れる出流原弁天池は透明度の高さで知られる(筆者撮影)

そんな古代のロマンにも思いを馳せつつ、続けてコース名にも含まれている“驚くほど透明な”出流原弁天池で一時の涼。おやつにマスの塩焼きをいただいて、道の駅・どまんなかたぬまへ。この道の駅では佐野名物・いもフライが参加者に配られるほか、あの佐野を代表するキャラクター「さのまる」もお出迎え。午前中にはマニアックな工場見学に興奮していた参加者たちが、夕方にはさのまると記念撮影に興じているのだから、彼らはまさに“旅行の楽しみ方”を心得ているというべきか。ツアーの参加者たち、さすがである。

地域との絆が生んだ特別コース

最高気温が35度をはるかに超えた灼熱の佐野市葛生のはとバスツアーは、こうして終わりを迎えた。今回のコース、冒頭でも触れたようにはとバスと佐野市が協力して作り上げたものだ。佐野市内ではとバス御一行に同行していた同市の担当者は次のように話す。

「住友大阪セメントさんにも協力していただきまして、たくさんの方が参加してくれて本当によかったです。佐野市といえば、アウトレットやラーメンが有名ですが、ほかにもまだまだ魅力的な場所はある。アウトレットやお隣足利市のフラワーパークにでも訪れたついでにあとひとつ、佐野の面白い場所に足を運んでくれるきっかけになってくれれば何よりですね」

そして参加者のお話。

ラストに佐野のキャラクター「さのまる」も登場(筆者撮影)

「もちろん工場はスゴかったし大満足です。あと、お昼ご飯も化石館もどこもそうですが、観光バスが何台も出入りするような場所じゃなくて素朴な感じで町の人が出迎えてくれたのがとてもよかったですね。工場だけじゃなくて、ああこういうところもあるんだな、と知ることができた。またはとバスさんにはこんな楽しいコース、期待しています(笑)」

これまで培ってきたはとバスと地域との絆から生まれた“今回だけ”の特別な産業観光と、ひとひねりあるプラン。これぞ観光バスツアーのトップランナーたるはとバスの面目躍如といったところだろう。

今回取材した「石灰石の一大産地! 佐野市葛生巨大セメント鉱山見学と驚くほど透明な出流原弁天池」は、9月まであと4回予定されている。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。