あのベッカムも絶賛!逆輸入ラーメンの勝算

「アメリカ発」の創作ラーメンが日本に初上陸

新宿ミロードの店で人気の「抹茶鶏白湯らぁめん」(税込み980円)。抹茶のほか、クロレラやケールを使用して味のバランスを整えている(記者撮影)

理由の1つは、ほかのラーメン店にはない独自色を打ち出したことだ。庄野氏がラーメンのメニューを考案するのは新たに店を開業するときだけではない。定番メニュー以外にも、創作麺を限定メニューとして数多く発表してきた。旬の食材などを使用した麺のほか、ユニークなものではバレンタイン時期限定の「チョコつけ麺」などを考案してきた。

「日本でこれまで創作してきたことで、アレンジ力が身についた。アメリカの人は創作性をとても評価してくれる」と庄野氏が話すように、アメリカでもこだわったのは、現地の食材を使用し、現地の人の嗜好に合ったラーメンを作り上げることだ。日本ではトッピングでホウレンソウを添えるところを、ケールに置き換えるといった具合だ。

原価コントロールを徹底

アメリカの店には鶏白湯、しょうゆ、塩、ヴィーガン(動物系の材料不使用)などといったラーメンがあるが、6~7割の客が注文するのは「鶏白湯らぁめん」。庄野氏は「アメリカの人は、しょうゆのような繊細な味よりも、クリーミーでパンチがあって本能的に喜べる味に引かれる傾向がある」と話す。

冒頭で紹介した「A5黒毛和牛醤油らぁめん」は、「日本の食材である和牛をアメリカでも食べてもらいたい」という思いから生まれたラーメンだ。39ドルと、10ドル台半ばのほかのラーメンと比べて高価ながら、30食限定でもすぐに売り切れる人気ぶりだ。

同商品の原価率は60〜80%と突出しているが、その他のラーメンの原価率をコントロールすることでトータルの原価率は35%程度を維持するなど、コスト管理も徹底している。

次ページ今後の展望は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本ブランドを売り込め!<br>中国向けEC販路の最前線

中国で2015年以降に広がったライブコマース。「ソーシャルバイヤー」が商品説明をライブ動画で配信しネットで注文を受ける、ECの新手法だ。東京からの配信開始で、日本企業も熱い視線を注いでいる。越境ECの新しい販路をリポートする。