Facebookが右派集団のページを削除した理由

ブラジルで87アカウントを無効に

 7月25日、フェイスブックは、ブラジルの右派活動家集団に使われていたページとアカウントを削除した。10月の大統領選を控え、フェイスブックの不正な利用に厳しく対処する姿勢を示した。ボスニア・ヘルツェゴビナで2015年撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[サンパウロ 25日 ロイター] - フェイスブック<FB.O>は25日、ブラジルの右派活動家集団に使われていたページとアカウントを削除した。10月の大統領選を控え、フェイスブックの不正な利用に厳しく対処する姿勢を示した。

同社は、ブラジルで偽装アカウントを使って誤った情報を流していたネットワークに関連する196ページ、87アカウントを無効にしたと発表した。だが、対象となった具体的なページやユーザー名は明らかにしなかった。

関係筋はロイターに対し、削除されたのは政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」が運営するネットワークだと話した。

MBLはその後、ツイッターへの投稿で、フェイスブックの措置によって組織の一部が影響を受けたことを明らかにし、ロイターの報道を認めた。

MBLは2016年にルセフ大統領の弾劾を求める抗議活動を主導する中で台頭してきた。

MBLは声明で、フェイスブックが十分な説明もなく削除したと批判、法的措置も辞さないと表明した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。