インドネシアの住民がワニを大虐殺したワケ

住民数百人がワニの飼育施設を襲撃

積み重ねられたワニの死骸を見つめる住民たち(写真:Olha Mulalinda/Antara Foto via REUTERS)
野生のワニが人間を襲う事件が後を絶たないインドネシアで、今度は人間がワニを襲うという事件が起きた。

インドネシア東端のニューギニア島にある西パプア州ソロンにあるマリアット郡で住民の男性1人がワニに襲われ死亡する事故が起きた。これに怒った親族や付近の住民数百人が7月14日にワニの飼育施設を武器を持って襲撃、「報復」として飼育されていたワニ292匹を殺した。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

地元警察や自然保護局では自然保護法や財産保護法に違反する可能性があるとして捜査を始めた。事件当時、ワニ殺害の現場には警察官らがいたものの、暴徒化した住民の「ワニ殺戮」にただ静観するしかなかったという。

現地からの報道等を総合すると、7月13日にワニ飼育施設の近くに住む住民の男性(48)が家畜の飼料になる草を探していたところ、誤って飼育施設内に転落してしまった。

男性の叫び声を聞いた飼育場の従業員が駆けつけると、男性が脚や頭など複数個所をワニに噛まれ、ワニの尾で叩きつけられた状態で発見された。直ちに救出したものの同日中に死亡が確認された。

翌14日にこの男性の葬儀が終わると、参列していた親族や友人、さらに地域の住民が地元警察に押し寄せ「危険なワニ園がなぜ人の居住地区の近くにあるのか」などと抗議を始めた。警察は事態の収拾を目指して飼育施設の所有者などと協議の結果「飼育施設側が男性の家族に賠償金を支払う」ということで沈静化を図った。

怒り収まらずワニ飼育施設襲撃

しかし一部の住民らは怒りが収まらず、約1キロ先の飼育施設に武器を持って押しかける事態になった。騒ぎを聞きつけた周辺住民ら数百人も加わり暴徒化、飼育施設の従業員や警察官の制止を振り切って飼育施設の正面ゲートを破壊して内部に侵入した。

そして地上や池の中にいたワニを引きずり出したり、ロープで固定したりして次々と斧やハンマー、刃物、シャベルなどで殺していった。凄惨な殺戮現場には体長2メートルの巨大ワニから生後間もない体長10センチから20センチのワニも含まれ、同飼育園で飼育されているワニはほぼ全滅となった。飼育園によると今回の住民の襲撃による被害額は総額で約4億ルピア(約320万円)に上るという。

一部のワニはその後焼却されたという。現場には市の役人や警察官などもいたといわれているが、暴徒化した住民を制止することは難しく、傍観しているしかできなかったというが詳しい経緯は現在捜査中という。

次ページワニ飼育施設は正式の許認可で開設
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。