金正恩の実兄「正哲」は一体何をしているのか

ギターを弾きながら平壌でひっそり生活?

ロンドンで移動用に使った車の中で、よく歌を歌った。

「マイウェイ」という題名だった。歌詞は暗記しているようで、歌いながら正哲は涙を流しているように見えた。太永浩は、金ファミリーでは正恩の実兄でありながら、権力の中枢から外され、音楽に入れ込む正哲の微妙な立場が思い当たった。太永浩は「憐憫の情を抱いた」と回想している。

いよいよ、午後6時にコンサート会場に入った正哲は入口で売られていたTシャツ、カップ、キーホルダー、アルバムなどクラプトン・グッズを買いあさった。ところが正哲の入国を知った西側メディアが、物陰から一行の様子を撮影していた。

正哲は公演に心底陶酔した様子だった。席から立って、熱狂的に拍手し、拳を振り上げる仕草も見せた。公演を終えてホテルに戻った正哲は、興奮がさめやらず、「一緒に酒を飲もう」と言いだした。これは命令だった。随行員たちは、部屋の冷蔵庫にあったビールを持ち寄って、乾杯した。金ファミリーは酒に深い縁がある。金正日も酒浸りの日々を過ごし、晩年に体を壊した。金正恩も酒が好きだとされている。

ところがまた困ったことが起きていた。

正哲が公演を見に来た映像をテレビ局が撮影し、放送したのだ。日本のテレビ局だった。酒を飲んでいた最中に緊急の報告を受けた太永浩は、インターネットを通じて映像を確認し、緊張した。しかし、本国からの特別な指令はなかった。

百貨店に行って子ども服を購入

そのため、翌21日も予定どおり、行動した。ロンドンから遠く離れた楽器街に行き、正哲のお目当てのギターをようやく購入した。2400ユーロ(約31万円)もした。この荒い金使いは、金ファミリーだからこそできるのだろう。

その後、正哲は百貨店に行き、子ども服を買った。「ここまで来て、子どもの服も買わなければ悪いパパと言われるからね」。

どうやら結婚して子どもがいるようだった。この本には書かれていないが、正哲の妻は、北朝鮮の有名なモランボン楽団でギターを演奏しているカン・ピョンヒという女性だとされている。子どもは男の子だという。

次ページ22日も公演を見に行った
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT