金正恩の実兄「正哲」は一体何をしているのか

ギターを弾きながら平壌でひっそり生活?

ホテルでも、正哲はわがままを言いだした。自分がはいていたズボンを、洗濯せよというのだ。飛行機の中でワインをこぼしてしまった。このズボンはお気に入りであり、明日はいてコンサートに行きたい、何とかせよと言って聞かない。

もちろんホテルのクリーニングサービスは終わっている。仕方なく太永浩らは、24時間営業のクリーニング店を探し出し、ズボンを洗ってもらったという。早朝の4時になっていた。

洗濯済みのズボンを正哲に渡すと、正哲はうれしがり、太永浩に対して、「チュク ネラ(ぐっとやれ)」とウイスキーの一気飲みを強いた。ウイスキーを飲むそぶりをして、逆に正哲に一杯勧めると、正哲は意外なことを話した。

「ロンドンに出発する前日、ある人が訪ねてきて一杯やった。飲み過ぎた」と言い訳をして、自分は飲もうとしなかったのだ。

金ファミリーの一員と一緒に酒を飲める人間は限られている。誰なのか……太永浩は「金正恩ではないか」と感じたという。

「ギターを買いたい」

翌20日、今度は「ギターを買いたい」と言った。太永浩が同行して、車でロンドンの有名な楽器商店街「デンマーク通り」に向かった。

正哲は店に入るとギターを手にして、即興演奏をした。演奏技術は驚くほど高かった。ギタリストでもある店の主人が近寄ってきて「名前を教えてほしい」「アルバムを出したことがあるのか」と聞いてきたほどだった。

太永浩が、正哲の随行員に聞くと「(正哲は)平壌でバンドを作っており、国内で公演をよく行っている」と説明したという。音楽漬けの生活をしているようなのだ。

次ページマイウェイ歌いながら涙を流す
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT