「インスタ詐欺」にやられた!その手口とは?

なぜInstagramは偽広告を取り締まらないか

詐欺ECサイトのインスタグラムアカウントには、消されていない批判コメントが残っていることも(写真:インスタグラムの2lovewishのアカウントより)

しかしこの程度の金額で購入するフォロワーはアクティブではないことが多いため、フォロワー数に対していいねの数が極端に少なくなる。

また、インスタグラム広告として流れてくる広告へのコメントが少なかったり、はじめに表示されるコメント数と実際に表示されるコメントの数が合っていなかったりする場合も注意が必要だ。

インスタグラムでは、不愉快なコメントを非表示にする機能が導入されている。これは詐欺アカウントでも利用することができ、たとえば詐欺を示す「Scam」などのキーワードを設定することで、これらのコメントを非表示にできる。

こうして、ユーザーからの批判コメントを非表示にすることで、詐欺であるとわからないように装うことができるのだ。

なぜインスタグラムは取り締まらないのか

これらの方法は完璧ではないが、インスタグラムの自分のタイムラインに流れてくる広告で気に入った商品を見つけた場合、そこから直接購入に進まず、確認を取っても損はない。

有料メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」ではシリコンバレーの詳細なリポートをお届けしています。購読申し込みなどの詳細はこちら

また一度実際のアカウントのページを確認してみるとよいかもしれない。詐欺アカウントの場合、最新の投稿に対して削除対策が追いつかず、「Scam」「Don’t buy through this shop」といった注意を促すほかのユーザーのコメントが残っていることもあるからだ。

また、ウェブサイトへのリンクがあった場合は、そのサイトが安全かどうかを詐欺レポートが集まるサイトで確認するのも手だ。たとえば「Ripoff Report」で2lovewishを検索すると、直近では5月下旬のリポートが投稿されている様子がわかる。別のサイトTrustpilotでは、商品が届いたもののひどい出来だった、との報告があった

いちいち「広告が詐欺かどうか」を調べなければならない点は、ユーザー体験を著しく下げている。一方、広告出稿側としても、誰もが知る著名ブランドでないかぎりは、ユーザーにすぐには信頼してもらえない場として、慎重にならざるをえなくなる。

いずれもインスタグラムにとっては不利益でしかないが、2lovewishが依然インスタグラムアカウントと広告を維持していることから、インスタグラムが長らく対策を取っていないことがわかる。

詐欺であっても広告出稿費を支払う「クライアント」を大切にするのか、ユーザーを保護するのか。インスタグラムはその姿勢を明らかにし、速やかに対処すべきではないだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT