「女性が長く働ける」トップ100社ランキング

上位10社が平均勤続年数20年超

3位は紙・パルプ用の国内フェルト市場大手の日本フエルトで、22.8年となっている。女性社員比率21.2%で、平均年齢は44.2歳。女性管理職比率は2.8%と高くはないが、一般職から総合職へのコース転換制度で女性の管理職登用を行うなど、積極的に登用を進めている。

また同社の残業時間はわずか月1.4時間。年間総労働時間も1838.5時間と少なく、ムリなく仕事と家庭が両立できる環境のようだ。

4位はJ.フロント リテイリング(数字は大丸松坂屋百貨店の値)の22.4年(平均年齢45.4歳)。女性管理職比率は31.3%と、今回の100社の中で最も高い。全社平均は6.9%なので、女性管理職比率は平均より5倍近い水準となっている。

以下、5位がエイチ・ツー・オー リテイリングで22.1年、6位がセーレンで22.0年、7位がユニチカで21.1年、8位が菱電商事で20.6年、9位が三越伊勢丹ホールディングスで20.4年、10位がコーセルの20.3年と続く。

上位10社で、女性管理職比率が高かったのは、髙島屋やJ.フロント リテイリングを含む百貨店勢である。それ以外は女性登用について、まだこれからといったところだ。ただ、各社とも候補となる女性社員は一定数存在しており、将来大きく伸びる可能性も高い。

全社平均は12.3年、電気・ガスが最長

女性社員数の最多は、86位のイオン(15.5年)で8993人。ほかには、70位ゆうちょ銀行(4987人)、78位LIXILグループ(3874人)なども多かった。

全体像も紹介しておこう。データが取れた全社982社の女性勤続年数の平均値は12.3年。対象企業10社以上では、電気・ガス業16.1年(11社)、繊維製品15.7年(20社)、鉄鋼15.6年(12社)などが長かった。一方で、サービス業7.2年(74社)、不動産業7.8年(22社)、情報・通信業9.3年(70社)などが短かった。このように勤続年数は業種によって、大きな差があることは知っておきたい。

女性活躍推進の動きもあり、ここ10年ほどで多くの大企業は女性が長く働けるよう、さまざまな環境を整えてきた。そのため結婚や出産などで会社を辞める女性は減っている。

しかし、今回紹介したランキング上位は、それ以前から女性を積極的に活用している企業ばかり。社風や取り組みなどに一日の長があり、より女性が働きやすい職場といえそうだ。

女子学生が就職活動を選ぶ際、ぜひ、こうした女性の勤続年数の数値を、『CSR企業総覧』でチェックしていただきたい。

次ページ女性が長く働ける会社1~49位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT