最新!売れ筋「ビジネス書」200冊ランキング

「1分で話せ」が3週連続で1位を獲得!

今週は『1分で話せ』が3週連続の1位に輝きました(画像:miya227 / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、6月17~23日のランキングだ。

なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

トップ3は先週と変わらず

今週は『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』(伊藤羊一著、SBクリエイティブ)が3週連続で1位を獲得した。1週間を通じて人気が続き、冊数の増減も少ないという。

2位には、先週3位だった『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』(河合雅司著、講談社)がランクインした。「日本経済新聞」に広告が掲載された影響があった模様だ。

3位には、先週2位だった『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』(西岡壱誠著、東洋経済新報社)がランクインした。東洋経済オンラインの記事(東大生が厳選「英語が好き&得意になる」3冊)で取り上げられた影響だと思われる。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
窮地の格安スマホ<br>市場拡大でも軒並み苦戦

市場が年率2割拡大しているMVNO。通信網を持つキャリアから回線を借りてサービスを展開する事業者。順調に見えるが、顧客獲得コストが急騰し、大きな正念場を迎えている。