「慶應ボーイ」ブランドが急落した内部事情

かつての賛美が今では「負のレッテル」に

慶應ボーイの神髄について語ってくれた男子慶大生は皆無だったし、この話題を振るだけで、雰囲気が変わって取材が進めづらくなった。なんでそんなに嫌がるのかと不思議に思い、疑問をストレートに投げたところ、ある女子慶大生がこんな話をしてくれた。

「いかにも慶應ボーイというような、社交的なお坊ちゃまは見かけませんからね。私のいる学部に限っていうと、外部生は垢抜けない地味な男子ばかりです。内部生にはおしゃれというか、おしゃれ『すぎる』男子がいるけど、やっぱり地味な子も多い。内部男子は地味と派手の両極端に分かれているんです」(文学部2年女子)

なるほど。慶應大学には、派手な一部の内部生と、その他大勢の垢抜けない男子がいる。誇張表現として捉えれば、たくさんの男子慶大生に接してきた当方の印象と合致する。そして、その他大勢のほうの立場になってみると、「慶應ボーイって一括りにしないで」という心情が理解できるような気がする。

日吉キャンパスでたまたま集団取材ができた際、彼ら彼女らはこう言っていた。

「お金持ちは多いと思うけど、お金持ち同士でつるんでいる。特に内部生。うちのように100人規模の大きいサークルの場合、内部生と一緒になることはあるけれども、普段つるむことはない」(フットサルサークルの1・2年生男女)

内部生と外部生の微妙な距離感、見えづらいけれど、ガッチリ引かれている一線の存在。多くの慶大生の中では「慶應ボーイ≒内部生」となっていて、そこには複雑な思いがある。

石原慎太郎が広めた「慶應ボーイ像」

かつての慶應ボーイといえば、とにかくかっこよかった。 

石原慎太郎『太陽の季節』(1955年下半期に芥川賞を受賞)は、リッチな家で育ち、「慶徳大学」に籍を置く主人公らが、酒と博打と女と喧嘩に明け暮れて云々というお話だ。ハイセンスなファッションを着こなし、ヨットやモーターボートで遊び狂い、気の向くままに複数の女性と関係を持つ登場人物らに、昭和30年代の若者は憧れを抱いた。そして、そうしたイメージが、ほぼそのまま慶應ボーイ像として定着していった。

あの小説の題材は、作者の弟で慶應義塾高、慶應大学出身(中退)の石原裕次郎の友人のエピソードだとされている。要は、内部生物語だったともいえる。

当時の日本人は貧乏人だらけであった。お金持ちになることが国民的目標だった。そんな時代にあって、裕次郎的な慶應ボーイの豊かさはさぞかし輝いて見えたことだろう。そして、それから四半世紀も過ぎたら、日本人のうちのけっこうな数が目標達成し、いつの間にかリッチになっていた。

次ページ「慶應ボーイ」ブランドはバブルの残骸か
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • iPhoneの裏技
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。