日揮、やっと勝ち取った「LNGプラント」の中身

受注額は6000億円規模、採算改善へ「秘策」も

日揮が手掛けたインドネシアのタング―LNG基地。2009年に操業を開始した(写真:日揮)

「2018年度はプラントマーケットの潮目が変わる」(石塚忠・日揮社長)。エンジニアリング大手の日揮が勢いづいている。

きっかけは5月、カナダ・バンクーバーの北西約650キロメートルの地点で計画されているLNG(液化天然ガス)プラント建設プロジェクトを、米国フルア社と共同で受注することが内定したことだ。

近づく最終投資決定

日揮が受注内定を勝ち取ったカナダのLNGプラントは、英蘭ロイヤルダッチシェルや三菱商事などが出資するLNGカナダが計画している。当初は2系列で年間1300万トンものLNGを生産。その後も拡大を見込めるビッグプロジェクトだ。

5月31日にはマレーシアの国営石油会社、ペトロナスが出資者として参画。同社はLNGの買い取りも行うとみられている。LNGプロジェクトが最終投資決定される目安の1つが引き取り先の確保だ。日揮社内からは「プロジェクトの最終投資決定への蓋然性が高まった」と期待の声が上がる。

日揮・フルア社は設計・調達・建設工事(EPC)を1兆5000億円で受注したとみられ、うち日揮の受注分は6000億円とみられる。2014年のロシア・ヤマル以来の大型LNGプラント受注だ。

ここ数年、日揮は雌伏の時が続いた。主力である大型LNGプラントの建設案件が減少したためだ。

次ページ原油価格と強い関連性
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。