雇用者急増でもGDPが減る日本経済の「謎」

3カ月で141万人も激増、就業者数は過去最高

さて、ここからは恒例、競馬ファン御用達のページである。

5週連続の府中G1レースが終わって、ちょっと気が抜けた、というファンが多いかもしれない。今年のクラシックレースはなかなかに見ごたえがあったからね。

それでも週末の府中競馬場では、G3のエプソムカップ(10日11R、芝1800メートル)が行われる。秋以降に飛躍する馬を見出したいところ。例年は堅いレースになることが多く、過去10戦のうち4歳馬が7勝している。ということで、今年はダイワキャグニーとサトノアーサーの4歳馬2頭が人気している。

エプソムカップは6歳馬のグリュイエールを狙う

普通ならこの2頭から考えるところで、とくにサトノアーサーは馬体の見栄えが良く、セリ取引価格2.1億円の良血馬である。G1の戦績は今ひとつだが、そろそろブレイクして不思議はない。

ただし今回は狙いたい馬が他にいる。6歳馬のグリュイエールだ。競走馬の「不治の病」とも言われる屈腱炎で丸2年を棒に振っており、キャリア的には4歳馬に近い。今乗りに乗っている金子真人オーナー、藤原英昭厩舎、福永祐一騎手という黄金トリオも期待度大。ここは判官びいきで応援したい。

さらに穴をあけそうな存在として、エアアンセムとマイネルミラノがぷんぷん匂う。梅雨の季節のこのレース、ちょっと荒れることを期待して勝負してみよう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT