クラブで踊りバク転したFBI職員の銃が暴発

常連客の足に命中

 6月3日、米コロラド州デンバーのナイトクラブで2日、激しく踊っていた非番の連邦捜査局(FBI)職員の銃が暴発し、別の常連客の足に当たる事故が発生した。デンバー警察が明らかにした。写真はワシントンのFBI本部で2月1日撮影(2018年 ロイター/Jim Bourg)

[3日 ロイター] - 米コロラド州デンバーのナイトクラブで2日、激しく踊っていた非番の連邦捜査局(FBI)職員の銃が暴発し、別の常連客の足に当たる事故が発生した。デンバー警察が明らかにした。

FBI広報担当者によると、当時職員は踊りながらバク転を試みたが、その際に銃がホルスターから滑り落ちたため拾おうとしたところ、暴発した。負傷した客の命に別状はない。

職員は警察に連行されたが、その後FBIの監督者に引き渡された。今後、デンバー地区の検察が起訴するかどうか判断する。

この様子を居合わせた人が撮影し、動画は3日にオンラインで拡散された。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。