クラブで踊りバク転したFBI職員の銃が暴発

常連客の足に命中

 6月3日、米コロラド州デンバーのナイトクラブで2日、激しく踊っていた非番の連邦捜査局(FBI)職員の銃が暴発し、別の常連客の足に当たる事故が発生した。デンバー警察が明らかにした。写真はワシントンのFBI本部で2月1日撮影(2018年 ロイター/Jim Bourg)

[3日 ロイター] - 米コロラド州デンバーのナイトクラブで2日、激しく踊っていた非番の連邦捜査局(FBI)職員の銃が暴発し、別の常連客の足に当たる事故が発生した。デンバー警察が明らかにした。

FBI広報担当者によると、当時職員は踊りながらバク転を試みたが、その際に銃がホルスターから滑り落ちたため拾おうとしたところ、暴発した。負傷した客の命に別状はない。

職員は警察に連行されたが、その後FBIの監督者に引き渡された。今後、デンバー地区の検察が起訴するかどうか判断する。

この様子を居合わせた人が撮影し、動画は3日にオンラインで拡散された。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。