クラブで踊りバク転したFBI職員の銃が暴発

常連客の足に命中

 6月3日、米コロラド州デンバーのナイトクラブで2日、激しく踊っていた非番の連邦捜査局(FBI)職員の銃が暴発し、別の常連客の足に当たる事故が発生した。デンバー警察が明らかにした。写真はワシントンのFBI本部で2月1日撮影(2018年 ロイター/Jim Bourg)

[3日 ロイター] - 米コロラド州デンバーのナイトクラブで2日、激しく踊っていた非番の連邦捜査局(FBI)職員の銃が暴発し、別の常連客の足に当たる事故が発生した。デンバー警察が明らかにした。

FBI広報担当者によると、当時職員は踊りながらバク転を試みたが、その際に銃がホルスターから滑り落ちたため拾おうとしたところ、暴発した。負傷した客の命に別状はない。

職員は警察に連行されたが、その後FBIの監督者に引き渡された。今後、デンバー地区の検察が起訴するかどうか判断する。

この様子を居合わせた人が撮影し、動画は3日にオンラインで拡散された。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT