クラブで踊りバク転したFBI職員の銃が暴発

常連客の足に命中

 6月3日、米コロラド州デンバーのナイトクラブで2日、激しく踊っていた非番の連邦捜査局(FBI)職員の銃が暴発し、別の常連客の足に当たる事故が発生した。デンバー警察が明らかにした。写真はワシントンのFBI本部で2月1日撮影(2018年 ロイター/Jim Bourg)

[3日 ロイター] - 米コロラド州デンバーのナイトクラブで2日、激しく踊っていた非番の連邦捜査局(FBI)職員の銃が暴発し、別の常連客の足に当たる事故が発生した。デンバー警察が明らかにした。

FBI広報担当者によると、当時職員は踊りながらバク転を試みたが、その際に銃がホルスターから滑り落ちたため拾おうとしたところ、暴発した。負傷した客の命に別状はない。

職員は警察に連行されたが、その後FBIの監督者に引き渡された。今後、デンバー地区の検察が起訴するかどうか判断する。

この様子を居合わせた人が撮影し、動画は3日にオンラインで拡散された。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。