日大アメフト部の指導者に欠けていた言葉

選手の緊張や不安を取り除くのが本分だ

そんな勇気を養っていくのが、監督やヘッドコーチの役割で、アメフトは選手を勇気ある人間に育て、チームとして勝利を手にするスポーツでもあります。ヘッドコーチは試合前のロッカールームで選手たちにひと言、声をかけます。そして、その言葉を聞いた選手たちは、感動で心を震わせフィールドに飛び出して行きます。

それをアメリカでは、「PEP TALK(ペップトーク)」と言います。

拙著『たった1分で相手をやる気にさせる話術 PEP TALK(ペップトーク)』に詳しく記していますが、ペップとは、もともと「元気、活気」という意味で、ペップトークは緊張や不安をやる気に変え、本来持つ力を最大限に引き出す話し方です。いまやアメリカでは、緊張感を解いたり、励ましたりするトーク術として、政治の場面から友人同士の会話にまで使われています。

受容→承認→行動→激励

このペップトークは、実にシンプルな構造で話が組み立てられています。

(1)受容(事実の受け入れ)     

(2)承認(とらえかた変換)

(3)行動(してほしい変換)

(4)激励(背中のひと押し)

具体例として、社会人日本一と学生日本一が真の日本一を決めるアメフト大会の「ライスボウル」の試合前のロッカールームで、監督が選手に投げかけたペップトークを紹介しましょう。

時は2009年、学生日本一になった立命館大学、立命館パンサーズが社会人日本一のパナソニック電工インパルスに挑みます。試合前、緊張して気持ちが高ぶるパンサーズの選手たちに、古橋由一郎監督は、こんなペップトークを展開します。

次ページ男には、人生をかけて戦わなければならないときがある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT