ブラジャーの「賞味期限」はどのくらいなのか

「捨て時」について専門家に聞いてみた

ブラジャーにも“賞味期限”がある(写真: Somemeans / PIXTA)

ブラジャーを捨てるタイミング、どうやって決めている?

「ハフポスト日本版」からの転載記事です。元記事はこちら

いつまでも付けられるからと、同じブラジャーをずっと使っているとしたら、胸が可哀想かもしれない。

ブラジャーにも“賞味期限”がある、と話すのは、高級ランジェリー・ブランド「Journelle」リン・ルイスCEOだ。

「ジーンズを定期的に取り替えるように、そしてTシャツがヨレヨレになるように、ブラジャーにも賞味期限があるのです」

ブラジャーは、永遠に使っちゃダメ?

物理的に言えば、ずっと同じブラジャーを付けることは可能。

とはいえ、ゴムが伸びたブラジャーや形が崩れたブラジャーはつけ心地が悪い。それに、伸びたブラジャーは胸をきちんとサポートできない。つまり、ブラジャーとしての役目を果たせていないことになる。

伸びきったブラを付けるのは「サイズの合わない靴を履いているのと同じようなもの」と、ルイス氏は説明する。「一度ぴったりフィットするブラを付けると、なおさらそう感じるでしょう」

次ページサイズの合うブラジャーを付けると…
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?