プロ野球交流戦、なぜ「セ・リーグ」が弱いのか

非公式戦、日本シリーズ戦績でも見えた事実

そして、日本シリーズは言うまでもなく、NPBの頂上決戦であり、両リーグの代表チームが総力でぶつかる真剣勝負だ。ここでの勝率もオープン戦とほぼ同じなのだ。

この表にはないが、オールスター戦は、2009年以降セが10勝8敗3分と勝ち越してはいる。しかしオールスター戦は交流戦の開始とともにその存在意義が薄れつつある。昔は人気のセに実力のパがぶつかり合い、火花を散らしたが、今は、スター選手が顔見世をするお祭りの色合いが強くなっている。1年に2、3試合と数も少なく、参考にはならないだろう。

交流戦だけでなく、オープン戦でも、日本シリーズでも、パ・リーグがセ・リーグに勝ち越している。

つまり、セントラル・リーグは、パシフィック・リーグよりも弱いともいえる。

交流戦の戦績と興行という二面性

交流戦の時期になると「そろそろ交流戦はいいんじゃないか」という声が聞かれる。

主にセ・リーグ側の関係者やファンからの声だ。もともと交流戦は、パ・リーグからの申し入れをセが受諾して始まったものだ。そもそもセ・リーグはその必要性を感じていなかった、という理屈だ。

しかしこうも一方的な勝敗になっている中で、負けている側が「取りやめ」を言うのは、いかがなものか。パのファンからは「そういうのは勝ってから言え」という反論の声も聞こえる。

当初、1チーム当り36試合あった交流戦が徐々に減らされて今では半分の18試合に減ったのは、試合日程などの関係もあるが、セ側から削減の要望があったためと言われている。

ただし、交流戦は興行的には成功している。

昨年、伊藤歩さんが紹介した通り(『プロ野球交流戦「廃止論」が毎年浮上する事情』2017年7月27日配信)、観客動員は通常のリーグ戦と同様か、それ以上に入っている。

そういう意味ではセ側の「交流戦廃止論」は「これ以上弱いのを世間にさらしたくない」からだと言われても仕方がない。しかしながら、さらにデータを調べて行くと、セの球団に「勝ってから言え」というのは、なかなか酷な話だということもわかる。

次ページMLBではどうなのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT