米有力誌、「モデル3」のブレーキ再試験へ

イーロン・マスクCEOの要請を受けて

 5月22日、米消費者情報誌コンシューマー・リポーツは、米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスクCEOの要請を受けて、新型セダン「モデル3」のブレーキを再試験する方針を明らかにした。写真はモデル3.北京の自動車ショーで4月撮影(2018年 ロイター/Jason Lee)

[22日 ロイター] - 米消費者情報誌コンシューマー・リポーツは22日、米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の要請を受けて、新型セダン「モデル3」のブレーキを再試験する方針を明らかにした。

同誌は21日、ブレーキが利き始めてから車が停止するまでの制動距離が長いなどの「大きな欠点」があるとして、モデル3を推奨しない方針を示した。

マスク氏は21日夜、ツイッターへの投稿でブレーキに問題があることを認めた上で、コンシューマー・リポーツが試験したのは改良が施される前の車だったと指摘した。

「われわれは喜んでモデル3の再試験を行う」

同氏は「ファームウエアの更新で対応可能のようだ」として数日中の解決を目指す考えを示した。その上で、コンシューマー・リポーツに最近生産したモデルによる再試験を求める意向を示した。

同誌の自動車試験部門のディレクター、ジェーク・フィッシャー氏は「テスラが無線でブレーキを直すなら自動車業界で初めてだ。われわれは喜んでモデル3の再試験を行う」と述べた。

22日の株式市場でテスラは3.5%下落した。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT