50歳を超えて「燃えるような恋」をする人たち

「キュンキュンできる人」はこうして見つけた

真里さんも休会をして、真剣交際を始めた。早く先に進むように背中を押してくれたのは真里さんの友人だった。

「デートを重ねるだけではなく、寝食を共にしないと相手のことはわからない、と言うんです。ちょっとびっくりしましたが、泊まりで京都旅行をして、1カ月ほど私が一人暮らしをしている部屋にいてもらいました」

結婚した後も、「ここを直してほしい」と思うところはないと真里さんは裕也さんを絶賛する。前夫と違い、裕也さんは片付けができる男性だ。

「でも、思ったことはちゃんと伝えるように意識しています。前の結婚はずっと自分を抑え込んでいて失敗してしまったので……。最近、裕也さんは洗濯や掃除もやってくれるようになりました」

隣で照れくさそうにしている裕也さん。聞けば、家事に関しては「余計な手出し」をしないようにしていたという。

「自分のやり方で家事をしたい女性もいるじゃないですか」

裕也さんの前妻はその1人だったのかもしれない。しかし、エステサロン経営に精を出す真里さんは豪快に笑い飛ばす。

「どんなやり方でもいい。やってくれたらうれしいよ!」

お互いの存在を当たり前にせず、大切にしたい

温かい再婚生活のおかげで、裕也さんのほうも仕事に身が入るようになった。自分が住んでいない持ち家のローンの支払いを続けるためだけに働いていた頃と違って、今は真里さんという「目的」があるのだ。

「毎日、家に帰ると『おかえり!』と言ってもらえるのがうれしいです。酒量も減り、休肝日を設けました。前の妻とは途中からだんだん仲が悪くなってしまったので、今ではとにかく妻と真剣に向き合おうと思っています。お互いの存在を当たり前にせず、大切にしたい。健康で長く一緒に暮らしていければいいなと思います」

心配事はゼロではない。特に子どもとの関係は難しい。真里さんの2人の子のうち、娘は30代という年齢もあるのか、裕也さんとも親しく会話できる。しかし、20代半ばで東京に暮らす息子とは距離ができてしまった。

裕也さんのほうはより深刻だ。真里さんとの再婚のせいではないが、前妻との子どもたちとは音信不通の状態が続いている。前妻とその両親が裕也さんを激しく嫌っていることが影響しているようだ。

「私たちが地に足をつけて暮らしていくことがいちばん大事だと思っています。子どもたちもいつかわかってくれるはずです。わが家にはいつ訪れてくれても構いません」

明るく力強く言い切る真里さん。まずは自分とパートナーが幸せになること。それがいずれ子どもや親を迎え入れる豊かな場所をつくるのかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。