テキサス州の高校で銃撃、死者10人の惨事に

捜査当局は事件に関連し2人を拘束

 5月18日、米テキサス州サンタフェの高校で銃撃事件が発生し、地元メディアによると8人が死亡した。写真は事件に対処する関係者ら。同日入手(2018年 ロイター/Courtesy HCSO/Handout via REUTERS)

[サンタフェ(米テキサス州)18日 ロイター] - 米南部テキサス州サンタフェの高校で18日午前、銃撃事件が発生し、10人が死亡した。死者の多くは生徒という。

警察は容疑者の17歳の生徒を拘束した。

同州のアボット知事によると、容疑者は午前8時前に美術の教室に入り、散弾銃と38口径リボルバーを発砲。犯行に使われた銃器はいずれも父親のものという。

同容疑者のほか、2人が拘束された。

校内からは爆発物も見つかった。

トランプ米大統領はホワイトハウスで「生徒の保護と学校の安全を確保し、周囲の脅威となる者から武器を遠ざけるために全力を尽くす」と述べた。

サンタフェは同州最大都市ヒューストンから南東約48キロに位置する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。