テキサス州の高校で銃撃、死者10人の惨事に

捜査当局は事件に関連し2人を拘束

 5月18日、米テキサス州サンタフェの高校で銃撃事件が発生し、地元メディアによると8人が死亡した。写真は事件に対処する関係者ら。同日入手(2018年 ロイター/Courtesy HCSO/Handout via REUTERS)

[サンタフェ(米テキサス州)18日 ロイター] - 米南部テキサス州サンタフェの高校で18日午前、銃撃事件が発生し、10人が死亡した。死者の多くは生徒という。

警察は容疑者の17歳の生徒を拘束した。

同州のアボット知事によると、容疑者は午前8時前に美術の教室に入り、散弾銃と38口径リボルバーを発砲。犯行に使われた銃器はいずれも父親のものという。

同容疑者のほか、2人が拘束された。

校内からは爆発物も見つかった。

トランプ米大統領はホワイトハウスで「生徒の保護と学校の安全を確保し、周囲の脅威となる者から武器を遠ざけるために全力を尽くす」と述べた。

サンタフェは同州最大都市ヒューストンから南東約48キロに位置する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT