企業クラウドで急伸 「ボックス」って何者?

異色の起業家率いるサービスが日本進出準備中

日本では100人雇用予定

レヴィは「2年前に欧州に進出したが、次は日本」という。すでに欧州では70人以上を雇っており、「日本では最初、コアとなるグループを作り、100人は雇用していく予定」という。

日本市場に乗り込むため、サービスの日本語化も進めている。14年4月までに日本語化を終え、5月ごろに東京ではイベントを行う予定でいる。ボックスジャパン代表取締役に就任した古市克典は「 パートナー企業との協力関係を広く作り上げていく。米国での実績を生かし、企業向けの営業活動を展開していく。すでに複数の大手企業がボックスの利用を検討中だ」と言い切る。

日本でのビジネスの可能性について、レヴィ自身はどのように考えているのだろうか。

「グーグル、セールスフォースなど先輩企業の活躍のおかげで、日本の企業は、米国のITサービスの使い心地のよさをよく知っていると思う。 だから、日本市場での展開は絶対にうまくいく……僕は楽観主義者なんですよ」

こう言い残して部屋を駆け出し、次の会議に向かった。この若者が巻き起こす旋風は、まもなく日本でも話題になるだろう。

(撮影:Getty Images、=週刊東洋経済2013年10月26日号

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。